今週は、気になる敬語の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法  < 敬語注意報
◆─────────────────────────────────◆
                          「拝見できます」

 今年も、関心の高い「敬語の使い方」について
 継続してとりあげていきたいと思います。

 「昨年の映像はこちらから拝見できます

 上記の文例は、どこがおかしいのでしょうか?
 文末の「拝見できます」の使い方ですね。

 「拝見する」は「見る」の謙譲語。
 自分の動作をへりくだることで、相手に敬意を示す敬語なので
 上記の文例のように「相手の動作」には使いません。

 この場合は、「見る」の尊敬語
 「ご覧になる」を使うのが適切です。

 「昨年の映像はこちらからご覧になれます

 こうした謙譲語と尊敬語の取り違えを時折、目にします。
 その違いを理解しておきましょう。

 尊敬語 → 相手が主語(相手を高める)
 謙譲語 → 自分が主語(自分の動作をへりくだって、相手を高める)

 「聞く」
 尊敬語「お聞きになる」
  例)移転の件はお聞きになりましたか?
 謙譲語「拝聴する」
  例)先日の放送を興味深く拝聴しました。

 「読む」
 尊敬語「お読みになる」
  例)あの作家の新刊はもうお読みになりましたか?
 謙譲語「拝読する」
  例)主任からお借りした本を拝読しました。

記事全文を読む