今週は、気になる敬語の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法  < 敬語注意報(2)
◆─────────────────────────────────◆
                         「ご拝借いたす」

 「部長のお知恵をご拝借いたしたいのですが」

 上記の文例は、どこがおかしいのでしょうか?
 「ご拝借いたしたい」という表現ですね。

 「借りる」の謙譲語が「拝借する」です。
 ですから、この場合

 「部長のお知恵を拝借したいのですが」

 とすればよいのですが、
 謙譲語「ご~いたす」を付け加えて
 「ご拝借いたす」という二重の謙譲表現になっています。

 「ご好評の技術資料を希望者に進呈します」

 上記の文例は、一見問題ないように見えますが
 この文の「相手」である読み手を立てるのであれば

 「ご好評いただいている技術資料を希望者に進呈します」

 と「ご~いただく」という尊敬語を使うか

 「ユーザーに好評の技術資料を希望者に進呈します」

 と、「ご」は使わず
 「誰に」好評かを明記した文とします。

 「ご」を付ければ、自動的に敬語になるのではなく
 文意を捉え、適切な敬語表現を使うことが必要です。

◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

 現場を制する者が営業を制す
 ってことでしょうか。

 「黄色の大」で商品が分かる。

 あなた、ここまでできますか?

 第46号 タイミング 
 ————————————————–
  【 営業マン河村操はコミュニケーションする 】
 ————————————————–
         
 「営業活動に一番大切なもの」って何だろう・・・
 その答えが、このメルマガを読めば分かります。

 ★お申し込みはこちらから

 ★河村さんのFacebookページはこちら
  

記事全文を読む