今週は、公用文に見る漢字表記についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法      < 漢字の使用(3)
◆─────────────────────────────────◆
                         助詞・助動詞

 今週は「公用文における漢字使用」と
 新聞表記の漢字使用の基準との違いついて
 取り上げたいと思います。

 助動詞や助詞を、仮名で書く
 というのは
 新聞表記でも、公用文でも
 共通しています。例えば……

  ない  → 現地には行かない。
        プロらしくない。

  ようだ → それ以外に方法がないようです。
        言いようがない。
  
  ぐらい → 三十歳ぐらいの人
        どのくらい
       
  だけ  → 調査しただけです。

  ほど  → 三日ほど前
        多ければ多いほど

 ただ、これらの文字を入力するときに
 注意していないと

 「無い」「様だ」「位」「程」

 のように、漢字変換された文字を無意識のうちに
 使っていることがあります。

 文章に頻繁に出てくる
 助動詞や助詞は、
 仮名の方が見た目の印象も読みやすくなるので
 漢字変換に惑わされないようにしましょう。

◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

 自分の考えを書く。
 書いてから考え直す。

 感想、意見、グチ……

 何でもいいと思うのですが
 書いて、読みなおして
 また書くという繰り返しで

 醸成されるものが必ずあるんですね。

 ブログやメルマガ、SNSでなくても
 大学ノートに書くだけでもいいと思います。
 
 今回はそんなお話。

 第53号 インプットとアウトプット 
 ————————————————–
  【 営業マン河村操はコミュニケーションする 】
 ————————————————–
         
 「営業活動に一番大切なもの」って何だろう・・・
 その答えが、このメルマガを読めば分かります。

 ★お申し込みはこちらから

 ★河村さんのFacebookページはこちら
  

記事全文を読む