今週は、公用文に見る漢字表記についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法       < 漢字の使用(5)>
◆─────────────────────────────────◆
                         仮名で書く語句-2

 今週は「公用文における漢字使用」と
 新聞表記の漢字使用の基準との違いついて
 取り上げてきました。

 昨日に続き
 次に挙げる語句も、例文のような使い方をするときは
 原則、仮名で表記します。

  ・・・かもしれない → 間違いかもしれない
  ・・・てあげる   → 図書を貸してあげる
  ・・・ていく    → 負担が増えていく
  ・・・ていただく  → 報告していただく
  ・・・ておく    → 通知しておく
  ・・・てください  → 問題点を話してください
  ・・・てくる    → 寒くなってくる
  ・・・てしまう   → 書いてしまう
  ・・・てみる    → 見てみる
  ・・・てよい    → 連絡してよい
  ・・・にすぎない  → 調査だけにすぎない
  ・・・について   → これについて考慮する。

上記の語句は、補助用言や補助動詞で
補足的に使われるものです。

文章にもよく登場するため
公用文でも、新聞表記でも
仮名で書きます。

新聞表記では
「話してください」は「話す」という動詞を
補助するので仮名表記ですが

「猶予を下さい」のように
「もらう」という意味で使う場合は
「下さい」と表記して区別します。

 パソコン入力では
 「・・・て行く」
 「・・・て頂く」
 「・・・て来る」
 「・・・て良い」
 「・・・に過ぎない」
 のように漢字変換したまま使いがちです。
 これらも仮名表記にする方が文が読みやすくなります。

◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

 じわじわきてます♪

 ☆————————————————————-☆
         第4回 【仕事美人 トーク・カフェ】
     ————————————————–
      動きも気持ちも楽になる「体と体の対話術」を伝える
              中 本 里 美 さん
 ☆————————————————————-☆

   日 時 3月16日(土) 14:30~16:30

   会 場  楽しい生活動作の研究所
           (広島市中区広瀬北町3-11和光広瀬ビル8F)
            
   参加費 3000円(消費税込)
          ★「仕事美人のメール作法」読者に限り割引あり
          ★飲み物とお菓子 付

   定 員 20名(定員になり次第、締め切ります)
           ★男性の参加者も歓迎!!

   ※お車でお越しのかたは周辺のコインパーキングをご利用ください。

 ☆————————————————————-☆

  ▼ゲストの中本里美さんプロフィール
  

  ▼地元の情報番組でも紹介!
  http://bit.ly/YdeFDv

  ★お申し込み方法は…
  フェイスブックのこちらのページで参加表明を
    

記事全文を読む