今週は、気をつけたい敬語表現についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法     < 敬語レッスン
◆─────────────────────────────────◆
                          読者の投稿から

 今週は、おかしな使い方をしている敬語の文例を挙げつつ、
 正しい敬語表現について紹介します。

 まずは、読者のかたからいただいた
 「おかしな敬語」事例をご紹介します。

 <読者のお便りから>———————————————-

  先日とある家具メーカーに修理の依頼をして
  その日程確認の電話を受けた時のことです。

 「・・・おうかがいしていたご携帯の番号を
     間違わせていただいておりまして・・・・」

 ご携帯? 間違わせていただく!?

 「ご自宅」とか「お電話」「ご住所」という言い方があるので
 「ご携帯」もおかしくないのでしょうか?

 でも「間違わせていただく」にはぶっ飛んだので、
 神垣さんのネタになるかと思ってメールしてみました。
                          (読者 M.M さん)
 ——————————————————————

 M.M さん 
 ネタ提供、ありがとうございます。

 「ご携帯」も「間違わせていただく」も
 行き過ぎた敬語表現もまっています。

 「ご携帯の番号」の前に「おうかがいしていた」と敬語を使っているので
 「携帯の番号」として差し支えありません。

 客である相手に対して、丁寧な表現にするのなら
 「ご携帯」ではなく、「ご」の代わりに「お客様の」とする方が
 適切です。

 ちなみに
 「おうかがいしていた」という表現は定着した二重敬語の一つ。

 「うかがう」は「聞く」の謙譲語なので
 「うかがう」に謙譲の「お~する」を添えると二重敬語になるのですが
 「おうかがいする」は習慣・慣例として使われるようになり
 敬語として定着したものです。

 ただ、上記の文例では「うかがっていた」の方がすっきりします。

 「間違わせていただく」は
 自分の行為である「間違う」に謙譲の「~いただく」を使っているのですが
 そこまでへりくだる必要はなく
 「間違って(間違えて)おりまして」
 とします。

 したがって、上記の文は

 「・・・うかがっていた携帯の番号を間違えておりまして・・・・」

 と言い換えることができます。

 「間違えて」は「誤って」としてもよいでしょう。

記事全文を読む