「縁ING」と書いて「エニシング」。
文字通り、縁がつながっていく会でした────。

昨日5月14日は、「Carp帆前掛け」発売記念トークイベントを
広島市中区のArt cafe ELK(エルク)にて開催。

発売後、即日売り切れとなった
「Carp帆前掛け」ですが
トークイベント当日の試合でカープも快勝し、
気分は上々。

前掛け製造技術の伝統を受け継ぎ
国内はもとより、海外へも自信をもってアピールできる
「MAEKAKE」づくりに情熱をかけて取り組む
有限会社西村和弘氏の話を聞くことができました。

日本で唯一残る前掛けの生産地
愛知県豊橋を訪ね、本格的に企画・製造を始めてから
2年は製品が認知されず苦戦したこと。

それでも「この製品は良い、面白い」と応援してくれる
人たちがいたこと。

「偶然」では片づけられない「縁」で
人や場所やものがつながっていったこと。

「Carp帆前掛け」も、
カープ公認グッズとして販売されるまでに
幾つもの高いハードルがあり
それをどうクリアしていったか……

という前掛けを取り巻く物語の数々。

そして、海外では
タペストリーやテーブルセンターといった
インテリアとして使われるほか

生地が厚く丈夫なことから
バーベキューをするときや
ガーデニングのときに
好んで使われている、といった

製造元ならではの“蔵出し”エピソードを
聞くことができました。

日曜夜のイベントにもかかわらず
福山や北広島からの参加者もいて

これがまた、
初対面や十数年ぶりの再会ながら
何かしら接点があり、
トークの後の交流タイムも大いに盛り上がったのでした。

スピードとか、効果とか、利益とか
追求していくことも大事だけど

小さなきっかけから
蒔いた種が年月を経て豊かに実るような
「出会いの場」を作っていかなくては
と改めて思ったひと時でした。

参加者の皆様
本当にありがとうございました!

★「Carp帆前掛け」絶賛発売中。ネットから購入できます。

★企画・製造元は有限会社エニシング。前掛け外国の方へのプレゼントにも最適!

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

「書く」と「描く」はどこかでつながっている「わたしの快画体験」

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」絶賛発売中!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む

今週は、気になる敬語の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法    < 気になる敬語
◆─────────────────────────────────◆
「挙げておりましたが」

今週は、日常目にする
気になる敬語の使い方について取り上げます。

————————————————
部長は事例として、○○を挙げておりましたが、
△△の方が最適ではないでしょうか。
————————————————

上記の文例で気になるのが
「○○を挙げておりました」
という敬語の言い回しです。

「挙げている」の「いる」の謙譲語は「おる」ですが
この場合、例を挙げているのは部長(相手)で
自分ではありません。

自分が例を挙げているのであれば
自分を主語に、謙譲語を用いて
「(私が)例に挙げております○○についてですが」
という一文になりますが
上記の文例の主語は相手(部長)。

相手を敬う場合は
「いる」の尊敬語「いらっしゃる」
を用います。したがって

—————————————————-
部長は事例として、○○を挙げていらっしゃいましたが、
△△の方が最適ではないでしょうか。
—————————————————-

とするのが適切です。

敬語の間違いで多く見られるのが
こうした謙譲語と尊敬語の取り違えです。

敬語にした“つもり”ではなく
相手を敬うのが「尊敬語」で、主語は「相手」
自分をへりくだるのが「謙譲語」で、主語は「自分」
という違いを把握したうえで
文意に合う敬語表現を用いましょう。

☆  ☆  ☆

★先週に引き続き、回答お待ちしています。

迷惑をこうむったメールの経験談や
あなた自身が客先や相手にマイナスの印象を与えないために
メール対応で気をつけていることなど、
ぜひ、教えてください。

★———————————————————-★
これはいかがなものか!? 「職場の非常識メール」アンケート
★———————————————————-★

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」発売中!

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む