今週は、入力するとき間違いやすい同音異義語についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 ‎Begin の メ ー ル 作 法          < 言葉の使い分け(3)
◆─────────────────────────────────◆
                       「預かる」と「あずかる」

今週は、入力するとき間違いやすい
同音異義語の使い分けについて紹介しています。

「アズカル」
にも2つの表記があります。

「預かる」と書く場合は、保管・管理・保留するという意味。

例)貴重品を預かる、経理面を預かる、荷物を預かる

もう一つは「与る」で、物事に関わる、関与するという意味で用います。
この場合は「あずかる」と平仮名書きするように
新聞表記では統一されています。

例)私のあずかり知らぬところで起きたことです。

また、「あずかる」は
目上の相手などから恩恵やもてなしを受けるとき
謙遜の意を込めて使います。

例)このたびは、お招きにあずかりまして
いつもお引き立てにあずかり、ありがとうございます。

話し言葉でも
「先ほど、ご紹介にあずかりました講師の佐藤です」
のように使いますね。

物や役割などを責任を持って受け取るのが「預かる」で、
何かに関わったり、相手の好意を受けたりすることが「あずかる」
というイメージでしょうか。

意味の違いを理解しておきましょう。

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

男と女の間に
暗くて深い・・・
壁があるんですかね~。

第276号 知ってるよ
————————————————–
【 営業マン河村操はコミュニケーションする 】
————————————————–

「営業活動に一番大切なもの」って何だろう・・・
その答えが、このメルマガを読めば分かります。

★お申し込みはこちらから

記事全文を読む