今週は、話し言葉と書き言葉の違いについてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法 < 話し言葉と書き言葉
◆─────────────────────────────────◆
変わりゆく言葉、でも……

手紙や文書で使う「書き言葉」と
会話や電話で使う「話し言葉」には
違いがあります。

書き言葉が改まった感じのオフィシャルな言葉とすれば、
話し言葉は少しくだけたカジュアルな言葉として
区別してよいでしょう。

話し言葉は
実際に会ったり、声を聞いたりしながら
やりとりするため

主語を省いても
「あれ」「それ」といった曖昧な表現を使っても通じ、
分からなければ聞き返して
その場で確認することができます。

親しい間柄の相手ほど、その度合いも強まるため
「です」「ます」「ございます」とった丁寧な表現は避け
親しみを込めた口調になるものです。

メールは
伝達手段としては
手紙と電話の中間に位置する媒体。

ビジネスメールでは
手紙に近い改まった「書き言葉」を比較的よく使いますが

懇意な相手になるほど、
日常会話に近い言い回しを使うことも増えます。

さらに、
LINEやFacebookといったSNS
が普及し

メッセンジャーでのやりとりは
日常会話や仲間内のおしゃべりが
“文字化”されていると言っていいでしょう。

「書き言葉」は限りなく
「話し言葉」に近づきつつあり
区別があいまいになっているように感じます。

言葉はその時どきで変わっていくものですが
昨今、大和言葉が見直されているように
美しい言葉遣いは日本の文化でもあり
大人のたしなみとして知っておいてもよいもの。

今週は、今一度
「書き言葉」と「話し言葉」の違いを見直し
使い分け方を確めていくことにしましょう。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

メルマガ詳細

記事全文を読む

今週は、「話し言葉」と「書き言葉」の違いについてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法    < くだけすぎる表現(5)
◆─────────────────────────────────◆
区別し、使い分けを!

今週は、くだけすぎる「話し言葉」を例に挙げ
「書き言葉」への書き換えを紹介してきました。

話し言葉というのは
耳から入ってきて、なじみやすい。
自分でも口にしているうちに
定着し、書き言葉でも抵抗なくそのまま使ってしまいがちです。

ラジオ番組の通販コーナーで
価格を下げたことを強調するため
「がんばらさせていただきました」
と連呼していましたが

巷にはびこる「~させていただきました」「~させていただきます」
の誤用の氾濫は
このようにラジオやテレビを通じ、耳から繰り返し入ってくる言葉が
広く浸透してきた結果でしょう。

特に、メールは
電話をするときのような話し言葉に近く
手紙ほど形式ばらない書き言葉になる傾向があり
耳から聞いた言葉をそのまま書いてしまいやすいツールです。

しかし、
話し言葉はその場で消えていきますが
書き言葉は残っていくもので
消去しない限り、何度も目にする可能性があるものです。

気安く書いた言葉が
相手によっては善意や好意に受け取られず
悪意にとられたり、マイナスな受け止め方をされることもあります。

会話であれば、すぐに訂正や
誤解を解くことができても

書き言葉の場合は
訂正や説明も瞬時にというわけにはいきません。

必要以上に言葉で飾り立てる必要はありませんが
略したり、簡易に表現するよりも
相手に失礼や誤解のない表現のけじめをつけることは
日々、心に留め、気をつけたいことです。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

記事全文を読む

今週は、「話し言葉」と「書き言葉」の違いについてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法    < くだけすぎる表現(4)
◆─────────────────────────────────◆
考えてるみたい

今週は、くだけすぎる「話し言葉」を例に挙げ
「書き言葉」への書き換えを紹介しています。

「彼は、前の失敗は、自分のせいだと考えてるみたいです」

話し言葉では
「以前」のことが「この前」「前」
「それから」が「あと」
として通用するので、書き言葉にもそれをそのまま持ちこむ
ケースが見られます。

上記の文例にある
「考えてる」のような「い」抜き言葉も
「思ってる」「話してる」「見てる」のように
うっかり使ってしまいがちです。

「考えてるみたいです」の「みたい」も
書き言葉では「~ているよう」とします。

これらを踏まえ、冒頭の文例を「書き言葉」として書き換えると
次のようになります。

「彼は、先日の失敗は、自分のせいだと考えているようです

この場合の「前は」、「先日は」のほかに「前回の」とか
「○○プロジェクトの」のように具体的に「何」を指すか書く方が
より具体的に伝わります。

話し言葉を使うと、ふわっとした曖昧な内容になりやすいので
書くときには、できるだけ、はっきり、具体的に表現することを
心がけましょう。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

iPhoneやiPadでメールを送ることがあるかたには、便利です!

————————————————–
★iPhone、iPad アプリ【ビジネスメール文例辞典】★
————————————————–

書籍『さらりと返せる、大人のメール表現334』
のアプリ版です。そのまま流用できる文例も。

記事全文を読む

今週は、「話し言葉」と「書き言葉」の違いについてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法    < くだけすぎる表現(3)
◆─────────────────────────────────◆
やっぱ~みたいな

今週は、くだけすぎる「話し言葉」を例に挙げ
「書き言葉」への書き換えを紹介しています。

やっぱ、思い入れがあったんで
新作を拝見してすごい感動した、みたいな

心動かされた様子をダイレクトに表現するには
話し言葉の方が臨場感があるものですが
上記の文例のように、くだけた表現のオンパレードになると
軽薄な印象をぬぐえません。

しかも、くだけた言葉の中に「拝見して」という敬語が混じっていて
統一感のない文章になっています。

敬語をいきなり持ちこんでも、文がちぐはぐにしかならないので
ここでは「新作を見て」とする方が文の流れは自然でしょう。

話し言葉としてよく使う
「やっぱ」は「やはり」
「すごい」は「すごく」「とても」「大変」などに書き換えを。

「みたいな」のように、言い切らず、ぼやかす表現も
文章のしまりがなくなるので、不要です。

したがって、上記の文例は、次のように書き変えることができます。

やはり、思い入れがあったので
新作を見てとても感動しました」

勢いに任せて書くのではなく、読み返して
統一感、節度のある書き言葉に整えてみましょう。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

記事全文を読む

今週は、「話し言葉」と「書き言葉」の違いについてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法    < くだけすぎる表現(2)
◆─────────────────────────────────◆
わたし的にはがっつり

今週は、くだけすぎる「話し言葉」を例に挙げ
「書き言葉」への書き換えを紹介しています。

「わたし的にはがっつりサポートさせていただくつもりです」

「わたし的」に限らず「ぼく的には」「会社的には」
といった表現も身近になりつつありますが、

ビジネスメールに書くときは
「~としては」と書きかえるのが適切です。

「がっつり」も今どきの話し言葉の一つですが
書くときには「しっかり」「十分」のように
書きかえる方がよいでしょう。

「私としてはしっかりサポートをさせていただくつもりです」
「私としては十分なサポートをしていくつもりです」

親しい間柄の者同士なら
さらっと通じる表現も

仕事のやり取りでは、
くだけすぎた表現は親しみを通り越して、
軽々しい印象を与えることがあります。

会話では何気なく使っている表現も
ビジネスメールで使うときは
相手に与える印象(効果)を考えて書きかえるようにしましょう。

ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

記事全文を読む

今週は、「話し言葉」と「書き言葉」の違いについてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法    < くだけすぎる表現
◆─────────────────────────────────◆
 「まじ、すごい」

メールは、「書く」ツールではありますが
手紙ほど堅苦しくなく、電話のように気軽にやりとりできるせいか、
表現が限りなく「話し言葉」に近い「書き言葉」になりがちです。

親しい間柄の人と私的なやり取りをする場合は
「話し言葉」モードで問題ありませんが
ビジネスメールとなると、そうはいきません。

LINE、Twitter、FacebookといったSNSや
ワントゥワンでつながる携帯メールのやり取りに慣れていると
(というか、それしか経験がない場合もありますが)

対応を切り替えないと、相手に失礼だったり
伝えるべきことが伝わらないメールになってしまったりするので
注意が必要です。

例えば
「昨日の展示会、まじ、すごかったです」

「まじ」は「まじめに」が略された言葉で
言ったり、聞いたりすることも多いため
うっかり使ってしまいがちですが
ビジネスメールではくだけすぎる表現です。

「すごい」というのも何でも使えて便利な表現ですが
どのようにすごかったか、具体的に書く方が伝わります。
例えば……

「昨日の展示会は、予想以上の参加者数でした」
「昨日の展示会は、3Dプリンタの出展が大半で驚きました」

略語や流行語を避け、曖昧にまとめず具体的に表現することが重要です。

今週は、こうしたくだけすぎる「話し言葉」を例に挙げ
「書き言葉」への書き換えを紹介します。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

記事全文を読む