メール対応の「素朴な疑問」にお答えします。
◆────────────────────────────◆
 読 者 か ら の 質 問
◆────────────────────────────◆
<読者からの質問>———————-

調べても理解出来ず、連絡します。

昨夜のNHK広島のお天気お兄さん

明日の朝は冷えるので、
寝冷えしないように気をつけて下さい、と。

寝冷えは夏に使うことばと思っていて、
画面を二度見。

調べると夏の季語、とある。
が、寝ていて冷えること、ともある。

彼が使ったのは後者ととり、
正しかったのかしら?

(読者 E.Mさん)
—————————————-

確かに「寝冷え」は夏の季語になっており
「寝冷え」といえば、夏にするもの
とわたしも思っていました。

辞書には
「眠っている間にからだが冷えたために
起こる障害。その結果起こる感冒や腹痛
などをいう」とあります(デジタル大辞泉)。

日本大百科全書を当たると
「睡眠中に体温が放散し冷気にさらされ、
かぜをひいたり(普通感冒)下痢をおこす
ことをいい、大人にもあるが体温調節が
うまくできない乳幼児に多くみられる」
とあります。

「睡眠中に体温が放散し冷気にさらされる」
状況は、夏ばかりでなく冬にも起こりえます。

そこで、医療的に寝冷えはどのように
捉えられているのか調べてみると
寝ている間に体を冷やす原因は寝汗による
ものばかりでなく、就寝中の体温の低下も
あるようです。

参考
https://www.keiyukai2.jp/blog/nebie/
https://www.bioweather.net/column/health/%E5%AF%9D%E5%86%B7%E3%81%88/

気温が急激に低下する冬の明け方にも
寝冷えする可能性があるようなので

天気予報での「明日の朝は冷えるので、
寝冷えしないように」というコメントも
あながち誤りではない、と分かります。

冬の場合は、寝るときに暖かくし過ぎて
却って寝汗をかいて体を冷やすこともあるので
気をつけないといけませんね。

 
ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

記事全文を読む

2022年12月3日の日経新聞プラス1の1面に
「漢字の世界 クイズで深める」という
特集記事が掲載されていました。

お読みになったかたも多いと思いますが、
おさらいを兼ねて、その中から
「本来の意味ではない漢字」
を当ててみてください
(新聞とは順番を変えています)。

1)触り=話の中心部分
2)姑息=一時しのぎ
3)潮時=手の打ちようがない引き際
4)穿った見方=本質を的確に捉えた見方

答えは、3)潮時 です。

「潮時」には、
潮の満ちる時、引く時という文字通りの意味
のほかに
物事を始めたり終えたりするのに適した時機、
好ましい時機という意味があります。

漁に出る漁師が潮の状況を判断して、
最も適したときに船を出すことから生じた
言葉で、「好機」を示すのが「潮時」です。

本来、ポジティブな意味合いの言葉なのに
問いのように「手の打ちようがない引き際」
というマイナスのイメージで捉えられて
いることが多いです。

過去のメールマガジンの記事に、
上記の4つの言葉について取り上げ
解説していますので、
参考になさってください。

1)触り

2)姑息

3)潮時

4)穿った見方

 
ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

記事全文を読む

▼「はい」と回答した理由
・特に外す理由がないので。無しでもよいかな~と思います(50代男性 結婚歴20~29年)
・理由は特になし。指輪がきつくなってきています。サイズ変更するか、この機会に外すか・・・(50代女性 結婚歴20~29年)
・つけているのが普通になっています。指の関節が太くなってきて、外すのが大変になってます(50代女性 結婚歴20~29年)
・外す事を考えたことがない。このアンケートに答えて改めて結婚してこんなに時間がたったんだと感じた(60代女性 結婚歴40~49年)
・内勤のため、仕事柄外す必要がないので(40代男性 結婚歴20~29年)
・仕事のために外す必要がない。外すと失くしそうだから。妻(看護師)は仕事のために外す必要があり、結婚指輪をしていません(50代男性 結婚歴20~29年)
・外す必要がないから。夫婦で共通して着用できる数少ないアイテムだから。夫婦で同じものを着けていると絆を感じるから(30代男性)

・外すと無くしてしまうから。結婚指輪はずっと付けているので、指にくっきり跡がついてます。だからは余計に外せないってこともあります…(50代女性 結婚歴20~29年)
・既婚者は男女問わず結婚指輪をしている方が好感がもてるため。ちなみに、製造業の旦那は十数年はずしたままです。(40代女性 結婚歴10~19年)
・結婚後は、結婚指輪をするものという固定願念があるから。結婚指輪は、仕事に出かける際につけて、帰宅したら外す生活です。 『指輪をする=仕事』のスイッチ的役割にピッタリです。 あとは、結婚指輪以外の装飾品がなくて。。。( ノД`)シクシク… (40代女性 結婚歴10~19年)

・結婚指輪をファッションリング風にしたので、お互い気に入っています☆7割の人がつけていないということに、少し驚きました!(50代女性 結婚歴20~29年)

・結婚してからずっとしている。運動時以外。バツイチだからかも。1回目の結婚ではしていなかった(50代男性 結婚歴20~29年)
・結婚指輪を身につけていたいのでつけています。指が太くなってしまい、すんなりはまる時はそのまま指に はめますが、多くの場合そうはいかず、ネックレスの鎖に通す形で身につけています。ちなみに、このネックレスは奥さんからプレゼントされたものです。プレゼントされたのは奥さんになる前ですけど。
指輪をネックレスの鎖に通すのは、職場の先輩からおそわったアイデアですが、指にはめるのがきつくなってしまった人には いい方法だと思います(60代男性 結婚歴20~29年)

▼「いいえ」と回答した理由
・指輪をしたまま重い荷物を運んだときに指輪が歪んでしまい、修理に出そうと外したまま、約20年経ってしまいました(60代男性 結婚歴30~39年)
・電気製品の中に手を突っ込むことのある仕事をしていて、一回 ショートしそうになって
(ショートさせて?)以来、外しています。外した指輪は妻に預けたが、どこへ行ったやら
(60代男性 結婚歴30~39年)
・仕事をする際、指輪を外す必要があるから。 仕事で触れるものに傷をつける恐れがあるので、腕時計と指輪はしていないですら(60代男性 結婚歴30~39年)
・きっかけは、仕事です。外していたら、それが当たり前になり、今は仕事以外もつけてません。そういえば、結婚指輪どこにしまっているのだろう・・・・(50代男性 結婚歴30~39年)
・仕事をするのに汚れたり、傷がついたりするため、つけないままにしていた
(40代女性 結婚歴10~19年)
・いろいろな作業時に邪魔なので(50代女性 結婚歴20~29年)
・お稽古事で外す機会が多くなったときに外して以来、ずっと外している
(40代女性 結婚歴10~19年)

・5、6年前に指輪をはめている指に湿疹?みたいなものが出来て、 痒みがあったので、外しました。その後、指輪は無くすといけないという理由で家内が預かっています。
因みに家内は指がむくんで外れなくなることや仕事で邪魔だという理由で、結婚して数年で 外していました。 私にはずっとつけろって言っていたんですが、主な理由は浮気防止の意味があった のではないかと思っています。モテルはずないのに(50代男性 結婚歴30~39年)
・新婚当初はしていましたが、指輪をしていると皮膚が荒れてしまい、1年くらいで外しました。今は太ってしまい、指に入りません・・・私の指輪は妻がしています!
(50代男性 結婚歴20~29年)
・指がむくんで外すようになってから、そのまま付けなくなった。夫は指輪がついていると気になるらしくつけていないので、お互い様という認識です(笑)(50代女性 結婚歴10~19年)
・手のむくみが気になり、一度外してからなんとなくそのまま。小さなものでも重さを感じます。外してしまったら身軽でとてもラクチンですが、夫が着けたままなのを見ると、
してなくてごめんねーと時々思います(40代女性 結婚歴20~29年)
・太ってはいらなくなったとき(50代男性 結婚歴20~29年)
・指輪がきつくなり始めたのをきっかけに、取れなくなると困るので外したままです。もうつけられないと思います…(50代女性 結婚歴30~39年)

・面倒くさいから(50代男性 結婚歴10~19年)
・指輪が鬱陶しいから(そもそも身に何かつけるのが好きではなく、腕時計もしていない)
(50代男性 結婚歴20~29年)
・指輪をした際の違和感が苦手だから(60代男性 結婚歴30~39年)
・カラオケによく行っていたころに、拍手してると痛い気がして(50代女性 結婚歴20~29年)

・夫がしなくなったので、自分もはずしました。高い結婚指輪だったんだけど・・・・(^_^;)(50代女性 結婚歴30~39年)
・夫がしていないのでしてません。それと、結婚したときより痩せたので、指輪が大きくなってしまい、付けていると飛んでいってしまうため(40代女性 結婚歴20~29年)
・妻がつけなくなったから(40代男性 結婚歴10年未満)

・外して行方不明になったことがあり、それ以来なくすのが怖くてしていない。夫は太ってしまって、指輪が入らなくなり、お互いしていません。箱にきれいに納めてあります(40代女性 結婚歴10~19年)
・何かの作業をする際に外し、どこで外したのかも忘れ、紛失。。。きっとポケットに入れたはずなんだけどなぁ。ごめんなさい(40代女性 結婚歴10~19年)
・なくしたから(40代男性 結婚歴10~19年)

・もともと自分用の指輪は買わなかった。カミさんは結婚当初はしていたが、いつの間にか見なくなった(70代男性 結婚歴40~49年)
・購入しなかったので、指輪を持っていないため、していません。2人とも仕事柄PCを扱う時間が長く、キーボードに指輪が当たる感覚が好きではなかったので、買いませんでした。
アクセサリーが嫌いな訳では無いので、たまに購入しようかともちかけることもありますが、ここまでなくて困らなかったことと、買っても結局は外しそうなので、これからも買わないと思います。ちなみに夫婦仲は普通です(40代女性 結婚歴10~19年)
・10代の頃から、結婚指輪自体に興味や憧れ、果ては必要性すらも抱き得なかった事から。
結婚指輪どころか、婚約指輪すら全く欲しいと思った事がなく、逆にファッションやお洒落の一部としてなら、自身で購入した指輪を着ける事はあります。 割と異端児なのかもしれません(笑)(40代女性 結婚歴20~29年)

・結婚指輪の代わりに小さなダイアの一文字リングの婚約指輪を付けているので。夫は結婚式のときにつけただけで、以来、一度も着けてはいません(すでに紛失)。(70代女性 結婚歴40~49年)

・いろいろとあり、パートナーに不信感を募らせた結果、離婚せず結婚指輪は外すきっかけに。ちなみに、パートナーはまだ着けています(多分…)。
私の周りでは着けていない人の方が珍しいかもしれません。(40代女性 結婚歴10~19年)
・実は事実婚です。ですので、指輪等の購入はしておりません(50代女性 結婚歴20~29年)
・1度目の結婚の際にはしていたが、2度目の結婚の際に験を担いで買いませんでした。
現在は妻の分の結婚指輪を買って、妻だけ指輪をしています(60代男性 結婚歴10~19年)

・結婚当時、実験をする仕事だったので手を洗うことが多く、手を拭いた後に指輪と指の間に残る水分が気持ち悪く、そのたびに外してなくしそうになるので、結局はめるのをやめて、指輪ケースに入れたままに。
30歳前後は、指輪をはめていないことで、恋愛目的の男性に妙な期待を持たれて近づかれることが多く、結構面倒くさい目にも遇いました。 50歳前後から現在までは、シングルの女性に仲間(?)意識を持たれていて、後でガッカリされることが数回あり、やっぱり面倒だなと……。
指輪って、思いのほか、自分が何者かを語るサインを出すモノになってるんですねー。
とはいえ、もう今更、手洗い後の気持ち悪さに慣れようとは思えません。(笑)
(50代女性 結婚歴20~29年)

記事全文を読む

読者のかたから下記のメールをいただきました。

<読者からのメール>——————–

友人の話ですみません。
挨拶文についてお尋ねしたいのですが、
「拝啓 時下ますますご清栄のことと
お慶び申し上げます 平素は~」
の挨拶文ですが、
業務上明らかに喜べない経営状況だと
わかっている場合でも
「時下ますますご清栄のことと
お慶び申し上げます」
をつけなければいけないのか
と税理士の友人が悩んでいました。

私はビジネスなので何の躊躇もなく
定型文として書けば? と思ったのですが、
友人は顧客思いなので顧客に寄り添える
言い方を探しているようです。
(コロナ禍になってから顧客の多くの惨状を
目の当たりにして心を痛めているようです)

友人の話とはいえ、興味がありましたので
メールさせていただきました。
メールではなく
文書の質問になってしまうので
質問してもいいかどうか迷いましたが、
明らかに経営不振と把握している場合でも
「時下ますますご清栄のことと
お慶び申し上げます」を書いてもいいのか、
それに代わる言葉は何か、
を教えていただけましたら幸いに存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。

(読者 No.000 さん)
—————————————-

「時下ますますご清栄のことと
お慶び申し上げます」
というのは定型の挨拶文です。

しかし、相手や相手の会社が
「ますますご清栄」でない状況
と分かっている場合
こうした定型の挨拶文を書くのが良いか悪いか
正しいか、正しくないかは
私には分かりません。

ただ、私だったら、
相手の状況が明らかに分かっているのであれば
このような定型の挨拶文は使いません。

メールにせよ、文書にせよ
相手に伝える用件があるはずですから
定型の挨拶文抜きで、用件を伝えればよい
と考えるからです。

メールでは基本的に
こうした定型の挨拶文は使わず
「いつもお世話になっております」といった
書き出しから、すぐ用件に入ります。

文書の場合でも同様の文章の運びで
差し支えないと考えますが、いかがでしょう。

代わりに使う前文としては
「取り急ぎ用件のみお伝え(お知らせ)いたします」
「〇〇について(謹んで)お知らせいたします」
「〇〇について謹んでお伝え申しあげます」
といったところでしょうか。

場合によっては、今の時期でしたら
「暑中お見舞い申し上げます」
といった挨拶文を使ってもよいでしょう。
※参考
立秋を過ぎてから8月いっぱいは「残暑お見舞い」
松の内以降、立春までは「寒中見舞い」

以上は、あくまで私個人の考えです。

どのような書き出しにするかは
個人の考えや感覚によるものと思います。

相手がどのような状況でも
そこまで気を遣う必要はない
定型の挨拶文を使うことにに抵抗はない、
文書の書き出しとして収まりが悪い
という考えもあるでしょう。

どのような書き出しにするかは
その人の判断にお任せします。

ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

記事全文を読む

メールで相手先と日程調整をするとき
あなたは自分の都合を先に伝えますか?
それとも、
相手の都合を先に聞いてから調整しますか?

長らく私は、
後者の方法で日程調整をしていました。
このメールマガジンでも、
そう述べてきました。

昨年、あるIT企業の顧客対応メール文例集を制作する仕事をした際
メールで打ち合わせの日程調整を進める文例で
自分の都合を先に伝え、相手と調整を図る
という文面にしてほしい、と指示があり
時代は変わったなぁ、と感じました。

このメルマガを創刊した17年前から
優先すべきは相手の都合で、
それに自分の都合を合わせて調整するのがマナー
と信じて疑いませんでした。

先に自分の都合を伝えるのは、
相手に対して失礼ではないか、
と思っていたからです。

でも、打ち合わせをすることが決定事項なら
双方の都合の良い日程を
スピーディーに決めた方が良く
既に分かっている自分の予定や都合を
先に相手に伝え、調整していく方が
合理的かつ効率的。

もちろん、相手との関係性や状況にも
よるので、一概には言えませんが
ビジネスのメールのやりとりでは
効率とスピードが優先していることを
実感した出来事でした。

ただ、
自分の都合を先に伝える場合も
文面を工夫する必要はあります。

さらに、相手が
それを合理的と捉えるタイプか
不躾と捉えるタイプか
によっても文の運びは変わってきます。

相手に応じて文面を整えるテクニックは
まだ自分の経験が活かせる範疇ではあるのですが
「こうあるべき」という古い考えは
その都度、アップデイトしていかなくては
と考えさせられた次第です。

 
 

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

メルマガ詳細

記事全文を読む

読者のかたから
「なるほどですね」という言い回しについて
質問を受けました。

目上の相手と話すとき、
「なるほど」と言う代わりに
「なるほどですね」と言ってしまう。

使っていてしっくりこないので
もっと適切な表現を探しているが
「おっしゃる通りです」というのも
相手に完全に同意するときばかりではないので
違う気がする。

「なるほどですね」に代わる
言い回しはないだろうか?

ということでした。

確かに「なるほど」に「ですね」を付けただけでは
意味は変わりません。

調べてみたところ

NHKの放送文化研究所(文研)のWebサイトに
「なるほどですね」について取り上げられていました。

▼「なるほどですね」?

要約すると
・「なるほど」という相づちは、
「自分は今まで知らなかったが、
あなたの言っていることには納得できる」
といった気持ちを表すときに使用。

・ただ、国語辞典の中には
「目上の人には用いない」
と明記しているものもある。
なぜなら、
目上の人が発言した内容に対して、
「評価」を下すことになり、
相手に失礼という考えがあるため

では、どのような言い回しが適切なのでしょう。

目上の人が言ったことに対して
「なるほど」という気持ちを表したいとき
文研のサイトには一例として

・慎みを込めて「はい」「ええ」と言う
・何も言わずに、
ただ首を上下に大きく揺り動かす

とありました。

専門誌の編集者に意見を求めたところ
文研と同じ見解で、言い回しとしては
「そうですか」を挙げていました。

相手の言うことに対する相づちとしては
ほかに
「そうなんですね」という言い方も
考えられます。

私も取材するときに、
「なるほどですね」と
言いそうになることがあったので
これからは
「ええ」
「そうですか」
「そうなんですね」
と返すことにします。

 
ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

記事全文を読む