今週は、敬語表現の適切な使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法     < 謙譲語と尊敬語の混同
◆─────────────────────────────────◆
その「謙譲語」大丈夫?

よくある敬語の間違いに
謙譲語を相手の行為に付けているケースがあります。

例えば…

「昼食はいただかれましたか?」

「新商品のカタログです。どうぞ、拝見してください」

「いただく」も
「拝見する」も
相手に対してへりくだるときに使う「謙譲語」です。

上記の例文のように、
本来「尊敬語」を使うべきところに「謙譲語」を使っているケース
が意外と多く見受けられます。

上記の例文を「尊敬語」に直してみましょう。

「昼食は召し上がりましたか?」

「新商品のカタログです。どうぞ、ご覧ください」

「ご覧ください」は「ご覧になってください」としてもよいでしょう。

「敬語を使わなければ!」という意識は強くあるのに
このように「謙譲語」と「尊敬語」を取り違えて使ってしまうと
相手への敬意がうまく伝わりません。

今週は
事例を取り上げながら、「謙譲語」と「尊敬語」の取り違い
について考えていきましょう。

ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む