今週は、読者のかたからいただいたお便りをご紹介します。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 の メ ー ル 作 法            < 読者のお便りから(3)
◆─────────────────────────────────◆
                       「させていただきます」

12月12日配信のVOL.954 < 適切な言い回し(5)>

の記事に次のメールをいただきました。

<読者のかたからのメール>—————————————-

わたしも、「なになにさせていただきます」が嫌いな一人です。
某地元放送局の、土曜日朝からやっている番組の、
がらがら声のパーソナリティが、「放送させていただいております」
と言っているのが耳についてしょうがありません。

(中略)

これからも耳障りな重複敬語をぶったぎってください。
応援いたします。               (読者 A.Mさん)

—————————————————————–

< 適切な言い回し>の週では
「~させていただきます」について取りあげました。

この言い回しが書き言葉でもよく見られるようになった一因は
A.Mさんが書いておられるように、
テレビやラジオの放送の影響が大きいように感じます。

話の継ぎ目に言う「なので」も、
話し言葉としては、その場のノリで聞き流せる表現だと思うのですが、
書き言葉にすると、私は違和感を覚えます。

目で読むより、耳から入ってくる表現の方が記憶に残りやすいため

本来の意味や使い方を気に留めず

安易に「~させていただきます」を付ける風潮になっていくのかもしれません。

メールやブログの普及により、
書き言葉と話し言葉の境界が曖昧になってきているのも事実です。

話し言葉のように書くことで、親しみやすは感じられますが
改まった表現、丁寧な言い回しを知り
意識して使い分けることも必要ではないでしょうか。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

メルマガ詳細

記事全文を読む
今週は、気になる言い回しについてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法            < 適切な言い回し(5)
◆─────────────────────────────────◆
                       「いたしております」

読者のかたから
「正しいのか間違っているのかわからず、無意識に使用している書き言葉」
についての質問がありました。
いくつか文例を挙げてくださっているものから順にお答えしてきました。
最後はこちら

<Persianさんからの質問-5>—————————————

「楽しみに応援させていただきます」
「楽しみにいたしております」

「楽しく拝見させていただいております」
「楽しく拝見いたしております」

——————————————————————

初めの二つの例文に「これからもメルマガを」を
付け加えて考えてみましょう。

「これからもメルマガを楽しみに応援させていただきます」
この一文では「楽しみに」と「応援」が後の「させていただきます」に
掛かっています。これを二つの文に分けてみます。

これからもメルマガの配信が楽しみです。いつも応援しています
「させていただきます」とヘリくだらなくても、
気持ちは通じる文章になります。

もう一つの例文
「これからもメルマガを楽しみにいたしております」では
「する」の謙譲語「いたす」と「いる」の謙譲語「~しております」が
重複して使われています。

これからもメルマガを楽しみにしております
とすれば、すっきりします。

後の二つの例文には「メルマガを」を付け加えて考えてみます。
「メルマガを楽しく拝見させていただいております」
この一文でも謙譲の「させていただく」と
「いる」の謙譲語「~しております」が重複しています。

メルマガを楽しく拝見しています
に言い換えるとすっきりします。

「メルマガを楽しく拝見いたしております」は
「拝見」自体が「見る」の謙譲語で「見せていただく」
という意味合いを持ちます。

この場合は
メルマガを楽しく拝見しています」として失礼にはなりません。

今週、繰り返し取り上げてきた「~させていただきます」は
それさえ付けておけば丁寧な言い回しになる
と思いこまれている傾向があります。

「~させていただきます」を使わずに、
もっとシンプルに丁寧な表現ができないかを
考えてみてもよいのではないでしょうか。

メルマガ詳細

★8冊目の著書「迷わず書けるメール術」発売中!


読んだら旅に出たくなる本「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」刊行。神垣が企画・編集を担当しました。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室
メルマガ詳細

記事全文を読む

今週は、気になる言い回しについてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法            < 適切な言い回し(2)>
◆─────────────────────────────────◆
相手の返信に対するお礼メール

VOL.950に引き続き、読者のかたからの質問にお答えします。

「正しいのか間違っているのか分からず、無意識に使用している書き言葉」
についての質問があり、幾つか文例を挙げてくださっているものから
順に回答していくことにします。

<Persianさんからの質問-2>—————————————

「ご丁寧なご対応をありがとうございました」
「ご丁寧なご返信をいただき、ありがとうございました」
「ご丁寧にご連絡をいただき、ありがとうございました」

——————————————————————

相手からの返信に対するお礼のメールです。

上記の三つの文の中では、真ん中の
「ご丁寧なご返信をいただき、ありがとうございました」
が適切ではないでしょうか。

ただ、「ご丁寧な」「ご返信」と「ご」が続くので
このような場合、「ご丁寧な」は敢えて使わず「丁寧なご返信をいただき」としてよいでしょう。

私は「ありがとうございました」を
「ありがとうございます」と現在形に書き換えて返信することが多いです。

状況にもよりますが、「ご丁寧な」に代わる言葉として
「早速ご返信をいただき、ありがとうございます」

相手が何かしらの行動をとってくれた場合には
「ご対応いただき、ありがとうございます」

時間が経過したことに対するお礼や、
お礼の言葉を述べることでそのメールを結びとする場合は
「ありがとうございました」がふさわしいと思うのですが

私自身は、意識的に「ありがとうございます」を使うようにしています
(パソコンの辞書登録にも「ありがとうございます」だけ登録し、
「ありがとうございました」は未登録)。

現在形の方が臨場感があるというか、
ダイレクトに感謝の気持ちが伝わる気がするからです。

ただ、これは人によって感じ方が違うと思うので、
あくまで参考までに。

上記の解説も、「これが正しい」ということで挙げているのではなく
文章の書き方の一例、書き方のバリエーションの一つとして
ご覧いただければ幸いです。

 
ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

メルマガ詳細

記事全文を読む

今週は、気になる言い回しについてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 の メ ー ル 作 法             < 適切な言い回し
◆─────────────────────────────────◆
                      「~させていただきます」

昨日、メルマガ読者のPersian(ペルシャ)さんから、
日常使う言葉の表現の仕方について複数の質問をいただきました。

<Persianさんからの質問-1>—————————————

「~いたします」よりも、「~させていただきます」の方が、
「~いたします」よりも丁寧な言葉遣いに感じてしまい、
手紙やメールでの使用頻度がつい多くなってしまいます。

「~させていただきます」以外に、
相手にやさしく、やわらかな印象を与える・伝わる
言い回しがありましたら、ご教示いただければ幸いです。

——————————————————————

「~させていただきます」については、これまで何度か
当メルマガでも取りあげてきました。

Persianさんも書いておられますが、
「~いたします」よりも「~させていただきます」の方が
丁寧な言葉遣いに感じる…

これは私自身もそう思っていましたし、
一般にもよく使われているので、迷うことが多くありました。

なぜ、そう思うのか、調べてみたところ
行き着いた答えが
「敬語は長くなるほど、丁寧に感じられる」
ということです。

実際、言葉の長さからすると
「~いたします」よりも「~させていただきます」の方が
長いので、より言葉を尽くした丁寧な言い回しという印象があります。

確かに「~させていただきます」も敬語の一つですが
ことさら、相手に許可を得る必要がなければ
「~いたします」に置き換えてもよい、と考えます。

なぜなら、「~させていただきます」の多用は
少々くどく、慇懃無礼な印象を与えるからです。

例えば、目上の人に先立ち何かするような場合は
「お先に発表させていただきます」
と相手にへりくだって許可を得るという意味で
「~させていただきます」を使うのは自然な表現です。

ですが、仕事の依頼などは「依頼させていただきます」では
却ってまどろこしく
「○○の制作をお願いいたします」という言い回しで
すっきりまとまり、相手に失礼にもなりません。

丁寧に感じるから、とりあえず「~させていただきます」を使うのではなく
もっとシンプル言い換えるには? と意識して
ほかの言い回しを検討してみてもよいのではないでしょうか。

▼関連記事

 
ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

記事全文を読む

今週は、読者のかたからいただいた質問にお答えします。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 の メ ー ル 作 法             < 読者からの質問(3)>
◆─────────────────────────────────◆
                           用語の手引き

10月17日配信のVOL.916 に対して下記の質問をいただきました。

<読者からの質問>————————————————

本日の「はじめに」のテーマは、「いつも手元に置いている本」でした。
そこで「共同通信社の記者ハンドブック」「朝日新聞の用語の手引」を
取り上げておられましたが、なぜ上記2冊を選ばれたのでしょうか。

用語の手引きに関するハンドブックは、他社からも出版されているかと
思います。2冊を選ばれたのは、どんな理由からなのでしょう?
また、1冊でなく2冊選ばれたのにも、何か理由がおありなのでしょうか。

購入する際、どんな点に注意してセレクトすればよいのか、
参考になるのでは…と思い、ご質問いたしました。

もしよろしければ、選択の基準などをお教えいただけませんか。

読者 S.N さん
——————————————————————

「共同通信社の記者ハンドブック」
「朝日新聞の用語の手引」
この2冊を常備し、基準にしているのは
私がフリーになる前に勤務していていた
編集プロダクションで教え込まれたからです。

・新聞用語としての言葉や表記の基準が収められていて実用的
・改訂が頻繁に行われるので、より最新の表記の基準を知ることができる

この2点から上記2冊が指定されたのだと思います。

あとは出版元に歴史と信頼性があるからでしょうか。
特に、共同通信社はニュースの配信元でもあるので。

2冊とも内容は似通っているのですが
よく読むと微妙な違いもあり、
片方には掲載されていることが
もう片方には掲載がないこともあるので
併用して補っているという感じです

このように基準になるものを一つ持っておくと
自分が書いた原稿の表記について指摘や問い合わせを受けたとき
「これを基準にしています」と言えます。

基準になるものは、広辞苑のような辞書でもよいのですが
ハンディで調べやすく、実用的という点で
この2冊を私は独立後も愛用しているというわけです。

もちろん、どちらか1冊でも十分役割は果たしてくれます。

最近は新聞用語も平易な表現が選ばれる傾向があり
表記も漢字より平仮名が多く使われます。

言葉は生き物とはよく言ったもので
時代とともに変化しているので
改定が頻繁であるというのも時代を映すという意味で
ポイントが高いと思います。

(社)共同通信社「記者ハンドブック」

朝日新聞社「改訂新版 朝日新聞の用語の手引」

ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

『ビジネスを楽しもう!』をコンセプトに、
中小企業の業績向上につながる情報提供を目的としたビジネス情報誌

【RUC(ひろしま業績アップ通信)】

“仕事上手” は“メール上手”のコーナーで
「仕事で差がつく できるメール術」が紹介されています!

RUC編集部のブログはこちら

記事全文を読む

今週は、読者のかたからいただいた質問にお答えします
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 の メ ー ル 作 法               < 読者からの質問
◆─────────────────────────────────◆
                        残暑見舞いとGmail

同じ読者のかたから、2つの質問をいただきました。

<読者からの質問-1>———————————————-

8月8日の立秋を過ぎたら秋。相手への安否を気遣うと共に自分の近況を
報告するための季節の挨拶も、「残暑見舞い」となります。

と、あるサイトにのっていましたが、猛暑でも立秋以降の挨拶は
残暑見舞いで良いのでしょうか
読者 M.Kさん
——————————————————————

毎年、立秋(8月7日・8日ごろ)はまだまだ暑さの厳しい時期ですよね。
暑中見舞いも残暑見舞いも、相手を気遣う気持ちを送るものですが、
季節のご挨拶という意味合いも含まれているので、
形式は踏まえておくほうが良いと思います。

暑中見舞いは、二十四節気の小暑(7月7日ごろ)から立秋(8月7日ごろ)
まで
残暑見舞いは、立秋を過ぎてから、8月いっぱいまでを目安に送ります。

ちなみに、年賀状は松の内(1月7日)までに、
寒中見舞いは、松の内以降、立春(2月4日)までに送ります。

これらの時期を覚えておくと、久しぶりにメールを送る相手にも
使うことができます。

<読者からの質問-2>———————————————-

神垣さんのメルマガを読んで、私もGmail を使うようになりました。
そこで質問です。迷惑メールにたまったメールを開くことはしませんが、
ためたままにしない方がよいのでしょうか?
読者 M.Kさん
——————————————————————

迷惑メールを自動的に、しかも高い確率で排除してくれるのがGmailの
利点の一つですが、たまった迷惑メールも気になりますよね。

Gmailの[迷惑メール] フォルダにたまったメールは、30日後に自動的に
削除されます。

フォルダにたまるのが気になる場合は、[迷惑メール]を開いて、
画面上部にある「迷惑メールをすべて削除」をクリックすると、
まとめて迷惑メールを削除できます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

メルマガ詳細

記事全文を読む