今週は、うっかり使いがちな重言についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 ‎Begin の メ ー ル 作 法             < 重言注意!(2)
◆─────────────────────────────────◆
                     「上に上がる・下に下がる」

上に上がる・下に下がる 「エレベーターで上に上がる
と言ったり書いたりしますが
実はこれも重言です。

上の方へ移動することが「上がる」なので
「上がる」の前に「上に」とか「上へ」は要りません。

ほかにもうっかり使いがちな「上に上がる」ですが
意味の重複を避け、下記のように書き換えることができます。

・ステージの上に上がる。→ ステージに上がる
・壇上に上がる。     → 壇上に立つ
・屋上に上がる。    → 屋上に行く

「下に下がる」も
下の方へ移動することを指す言葉なので、
「上に上がる」と同様に
「下がる」の前に「下に」「下へ」は不要。

「エレベーターで上に上がる下に下がる)」

「エレベーターで上がる
「エレベーターで下がる
ですが

「上に上がる(下に下がる)」の「上」「下」の代わりに
2階に上がる(下がる)」
のように何階かを書いてもいいですね。

 

検索して、このブログへたどり着いたあなたへ

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

本でも、電子書籍でも、アプリでも!
お読みいただけます。

—————————————————
★『さらりと返せる、大人のメール表現334』Kindle版★
—————————————————

書籍は1337円ですが
Kindle版は1000円です。

本書をもとに制作した
iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】も好評!

ぜひ、ご利用ください。

記事全文を読む


今週は、読者の方からいただいた質問にお答えします
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 ‎の メ ー ル 作 法             < 読者からの質問(3)
◆─────────────────────────────────◆
                         「桜が満開に咲く」

前回に続き、こちらも3月半ばにいただいた質問メールです。

<読者からの質問>————————————————

ひとつ、迷うことがありました。
今の時期、桜の開花表現が多くなっていますが、
「桜が満開に咲く」というのは、
「満開」という意味を、全面的に開く、つまり咲くという風に考えると、
重語にはならないのでしょうか?
(読者 M.Oさん)
——————————————————————

「満開」とは、花が十分に開くこと
「咲く」は、花のつぼみが開くこと
をそれぞれ意味します。

したがって
意味としては同じなので
 「満開に咲く」は重言になります。

ですから、文にするときは
「桜が満開です(になりました)」
と表現するのが適切です。

「満開」に代わる表現として
「桜の花が見事ですね」
「桜は今が見頃です」
と言い換えることもできます。

「満開に咲く」のように
漢字や言葉は異なるのに
意味が重複した「重言」としては

今の現状
一番ベストなのは」
次の後継者
最後の追い込み
壮観な眺め

などがあります。

検索して、このブログへたどり着いたあなたへ

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

記事全文を読む
今週は、読みやすい文章を書くための5つのポイントを紹介。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法    < 読みやすい文章を書くコツ(2)
◆─────────────────────────────────◆
                            スリムな表現

———————————-
読みやすい文章を書くためのポイント
———————————-
2)スリムな表現
———————————-

スリムな表現とは
意味の重複やだぶつきといった
「ぜい肉」のない表現を指します。

ところが、
無意識に同じ意味を繰り返して使っているものです。例えば……

「共に共有して」 →  「共に」あるいは「共有して」のどちらか

「広島に来広して」→ 「広島に来て」あるいは「来広して」のどちらか

「鍵を施錠する」 → 「鍵をかける」あるいは「施錠する」のどちらか

「挙式を挙げる」 → 「結婚式を挙げる」または「挙式をする」のどちらか

本来の意味と重なる言葉を付け加えてしまっていることもあります。
例えば……

「海外輸出」   → 海外へ自国のものを出すことが「輸出」なので
「海外」は不要

「甘いスイーツ」 → 「甘いもの」の総称が「スイーツ」なので
「甘い」は不要

「いまだ未完成」 → 「未完成」が「未だ完成してない」ことなので
「いまだ」は不要

「将来に向けた計画」→ 事前に方法や順序などを考えることが「計画
なので、「将来に向けた」はなくてよい

こうした意味が重複した表現を
知らず知らずのうちに使っていることがあります。

読み返して、「ぜい肉」表現がないか、チェックする
習慣をつけましょう。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」絶賛発売中!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

記事全文を読む
今週は、本来の言葉の意味にスポットを当ててみたいと思います。
◆───────────────────────────◆
仕 事 ‎Begin の メ ー ル 作 法    < 誤りやすい慣用句(3)
◆───────────────────────────◆
                          重言

▼ 重なっていませんか? その言葉
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
重言と書いて「じゅうげん」。

「違和感を感じる」「馬から落馬する」など、同じ意味の語を重ねた言い方を
メールにも書いていませんか? 例えば…
1) 沿岸沿い
2) 炎天下のもと
3) 貯金を蓄える
4) 犯罪を犯す
5) 平均アベレージ

いずれも漢字の意味を理解していれば、重言ということに気づきます。
順に解説していきましょう。

▼ 意外と使っています
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1)沿岸沿い
「沿岸」は、海・川・湖などに沿った部分を指すので「沿い」は不要。

2)炎天下のもと
そもそも「炎天下」が「炎天(夏の焼けつくような天気)のもと」という意味
なので「もと」は不要。

3)貯金を蓄える
金銭をためるのが「貯金」。意味が重なる「蓄える(貯える)」は不要。この
場合、「貯金する」と表記。

4)犯罪を犯す
罪をおかすことが「犯罪」なので「犯す」は不要。「罪を犯す」と表記。
「~の立場に立って」という表記も違和感を覚えます。

5)平均アベレージ
「平均」も「アベレージ」も同じ意味なので、どちらか一つを使用すればよい。
「一番ベスト」とか「川沿いのリバーサイド」とかも同類ですね。

「射程距離に入る」というのも実は重言。
射程の「程」は「距離」を意味し、「射程」と「距離」は意味が重なるため、
「射程内に入る」と表記します(「朝日新聞の用語の手引」から)。

ちなみに、重言には「堂々」「各々」など、同じ字を重ねた熟語(畳語)とい
う意味もあります。

※参考資料「朝日新聞の用語の手引」「デジタル大辞泉」

 

検索して、このブログへたどり着いたあなたへ

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む