今週は、呼称の使い分けについてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法     < 適切な呼称
◆─────────────────────────────────◆
複数の人への呼称

ある会社からのお知らせメールに、次のようにありました。
—————————————————————–
各位殿

このメールは○○がお世話になっている方々にBCCでお送りします。

—————————————————————–

複数の人に同時にメールを送信する際によく使う「各位」。

二人以上の人を対象にして、それぞれの人に敬意を表す時に使う表現です。
ビジネスメールでは「担当各位」「店長各位」「会員各位」としたり、
プレスリリースでは「報道関係者各位」がよく使われます。

この場合、「各位」そのものが敬称にあたるので「殿」や「様」をつける
必要はありません。

上記のようなメールで「各位」だけでは物足りない気がする場合は
「関係各位」としたり、下記のような書き方をしてもよいのではないしょ
うか。
—————————————————————–
お世話になっている皆様方

このメールはBCCにてお送りする○○からのお知らせです。

—————————————————————–

複数の人に対する呼称は「各位」ですが、会社や団体・官公庁に対して
は「御中」を使います。個人の場合は「様」が一般的です。

今週は相手に対する呼称、自分に対する呼称など、ビジネスメールで必然
的に登場する呼称の使い分けについて考えていきましょう。

1件のコメント (現在はコメントを受け付けていません)