先週、とりあげたテーマの続編です。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 Begin の メ ー ル 作 法  <「お疲れさまです」を考える(5)
◆─────────────────────────────────◆
                            今週のまとめ

目上の人に「ご苦労様です」を使うのは失礼。同様に「お疲れさまです」
も目上の人に対して使うのは失礼に当たる!?

読者の疑問から端を発した「お疲れさまです」の使い方について、今週は
述べてきました。今一度、おさらいしてみましょう。

・目下の人から「お疲れさまです」と言われ、不快に思う人もいる

・ねぎらいの言葉としての「お疲れさまです」は、本来、同等以下の相手
にかける言葉

・一方で、挨拶代わりに「お疲れさまです」を使うケースも増えている

・同じ社内や懇意な目上の人に対しては「お疲れさまです」「お疲れさま
でございます」と言う場合も

・日ごろの仕事ぶりや様子をよく知らない目上の人には「お疲れさまです」
を使わないほうが無難

・「お疲れさまです」に代わる言葉としては「ありがとうございました」
「~していただき、助かりました」など、感謝の意を具体的に伝える

▼ 「お疲れさまです」も過ぎたるは…
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

とはいえ、状況によっては「お疲れさまです」に代わる言葉が見つからな
い場合もあります。

例えば、退職する相手には「長い間、お疲れさまでした」がしっくりきま
すし、同じ部署の上司が「今日は大変だったよ」とこぼしたり、「じゃあ、
お疲れさま~」と退出する時も思わず「お疲れさまでした」と言ってしま
います。

話し言葉の場合は、相手との関係や状況に応じて違和感がなければ使って
もいいのでないでしょうか。

逆に、異業種交流会などで初めて名刺交換した相手から「昨日はお疲れさ
までした」というメールを受け取ると違和感を覚えます。

どちらも主催者側で会の段取りや参加者の世話を共にしたのなら「お疲れ
さまです」と言い合えるでしょうが、参加者同士で会っただけの間柄なら
「昨日はありがとうございました」「お目にかかれて光栄でした」のほう
が自然に思います。

便利なフレーズも過ぎたるは及ばざるが如し。

十把ひとからげに「お疲れさまです」で片づけず、自分の中に基準を持ち、
使う場と間合いをその都度考えてみることも必要なのではないでしょうか。

★8冊目の著書「迷わず書けるメール術」5月20日発売!

読んだら旅に出たくなる本「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」5月13日刊行
神垣が企画・編集を担当しました。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

書けるいい女になりましょう。大和言葉で書く一筆箋講座「行書コース」開講

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中
「まぐまぐ大賞 2017」ジャンル別賞の知識・ノウハウ部門で5位に入賞しました!

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室