毎週月曜~金曜日の午前9時30分に配信している
無料メールマガジン【仕事のメール心得帖】
を登録しているのに届かなくなった・・・という問い合わせがございます。

メールマガジン確実に受信していただくために、

ドメインの受信設定を下記の通りご確認いただきますようお願いします。

設定方法はコチラ(※「メルマガ受信設定」の項目)をご覧ください。

記事全文を読む
2回目の「オンライン読者の集い」のお知らせです。

ゲストは、メルマガ読者の伊沢光大さん。

4月に開催した「オンライン読書会」に唯一申し込んでくれたのが
伊沢さんでした。

開催前のメールのやりとりで、伊沢さんから
「当方まったく視力がありません。生まれつきでございます」
とあり、正直、驚きました。

それまで、彼とはごく普通にメールのやり取りをしていたからです。

ZOOMで行った読書会は、
課題図書の「アッコちゃんの時代(林真理子 著)」
から離れては戻りを繰り返しつつ、
同世代同士ということもあり、
マシンガントーク状態で盛り上がりました。

伊沢さんから教えてもらった
「漢点字」の話から後日、

今度は書家の友人を交えて、伊沢さん、神垣の
オンライン鼎談に発展。

その時、文字に対する
「見えない人の視点」を知りました。

見えているわたしの先入観で
見えてない伊沢さんを捉えているなぁとも
思いました。

でも、なにより
伊沢さんとの話は刺激的で面白かった。

だから、ぜひ、次の「オンライン読者の集い」のゲストに
来てほしいとお願いし、開催の運びとなりました。

テーマは、「見えない」と「見える」の間

視覚障害とか、障害者についてフォーカスするつもりはありません。

メルマガ読者である伊沢さんが、どんなふうに
神垣のメルマガを読み、感じてくれているのか
文章から人柄って読みとれる?
なんて話をざっくばらんにできたら、と思っています。

夜9時半からのスタート、使うのはSkypeです。
ラジオの深夜番組的なノリで参加してもらえると
うれしいです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

神垣あゆみ メールマガジン
オンライン 読者の集い 第2回

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

日 時 6月26日(金)21:30~22:30

テーマ 「見えない」と「見える」の間

参加費 無料

※skype利用

▼申込方法

参加希望者は下記のアドレスに
件名「6/26 読者の集い 申込」
とし、下記の内容をご連絡ください。
info@kamigaki.jp
・お名前
・メールアドレス
・skype経験の有無

興味がある方は、ぜひ、ご参加ください。

記事全文を読む
 3月14・15日の2日間、
「大阪ガールズ・ツアー」で尾道・福山を巡ってきました。

 「大阪ガールズ」とは、9年ほど前に大阪で開催した
 メルマガの読者の集いに参加したメンバーから
 自然発生的に生まれた(謎の)グループ。

 全員女性ですが、年齢も職業も異なり
 共通点は、このメルマガ読者であることと、関西在住という2点のみ。

 その「大阪ガールズ」と一泊二日の旅を年に一度のペースで実施していて
 今回が8度目のツアーでした。

 今回は、1日目を尾道、2日目を福山市沼隈にある新勝禅寺へ。

 尾道の友人の全面協力により
 お昼は尾道式のお好み焼き(豚バラ肉の代わりにスナズリを使用)を食べ
 https://www.ononavi.jp/eating/okonomiyaki/detail.html?detail_id=115

 尾道空き家再生プロジェクト代表の豊田雅子さんの案内で
 10年の時を経て完成したばかりの、通称「ガウディハウス」の
 室内を特別に見学させてもらいました。
 

 特に、ガウディハウスは通常は内部の見学は不可。
 尾道の友人の顔の広さと口利きがあってこそ実現したので
 大変感謝しております(ちなみに、その友人もメルマガ読者)。

 宿泊は、取材を機に、個人的にどうしても一度
 泊ってみたかった「LOG」へ。
 

 夕食・朝食とも
 地の食材をふんだんに使い、ひと工夫した料理を堪能。
 部屋飲みも皆が持ち寄った多彩なおつまみやおやつで
 容赦なく盛り上がるのでした。
 
 翌日は、福山へ移動し「禅と庭のミュージアム」を目指し
 沼隈へ向かいました。

 ところが、新型コロナウイルスの影響で
 ミュージアムは閉館。
 

 ただ、広大な神勝禅寺の散策は可能で
 禅僧の作法を模していただく神勝寺うどんの昼食や
 茅葺きの茶房で煎茶を楽しむことができました。
 

 今回はメンバーの一人が
 長い自撮り棒の先に装着した360度カメラで
 ポイント、ポイントで撮影を敢行。

 まるで、測量技師のように淡々と撮影を続けてくれ
 ツアー後にSNSで画像を共有し、
 旅の楽しい思い出の引き出しがまた一つ増えました
(旅先での360度カメラ撮影、おすすめです!)。

 とにかく大阪ガールズの行く先々で笑いが巻き起こり、
 笑い過ぎでおなかが痛くなるのも恒例。

 一説によると
 家族や友人と楽しく笑っている時間を多く持つことが
 免疫力アップにつながるとか。

 新型コロナによりイベントや行事の自粛が続く中
 仲間と大笑いできるひと時を過ごすことができ
 どんな薬やサプリメントよりも
 元気になれました。

 神勝禅寺は、貸し切り状態といえるほど空いていましたが
 尾道の商店街は人も多く、行列ができるお店も。

 予防に気をつけつつ、お出かけすると
 気持ちが晴れますよ。

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

今週は、このメールマガジンについてご紹介します。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法      < 【しごび】の作法(2)
◆─────────────────────────────────◆
文字量

なぜ、以前は一本書くのに3~4時間もかかっていたのか…。

創刊当初のバックナンバーをご覧いただくと分かるのですが、
「はじめに」も本文も「あとがき」もフルボリュームで書いていたから。

日刊なのに週刊並みのボリュームと気合で書いていたので、
書く私自身もへとへとだったし、おそらく読者も、
毎日読むにはキツイんですよね。

元来私は、文章を長く書いてしまいがちな傾向があるので、
「ここはちょっとメリハリをつけなくてはいかん!」と思い立ち、
文字量を見直しました。

本文は350字くらいで、毎朝さら~っと読めるボリュームを
目指していますが、やっぱり長めになってしまうことも。

「はじめに」は三行でつかみ、「あとがき」は本文を越えない文字量を
心がけています
(でも、今日のように「あとがき」に力が入ってしまうと、
本文より長くなってしまうのが難。本の紹介のときも同様)。

週刊や月刊のメルマガならば、文字量はもっと多くてよいと思うのですが、
平日日刊となるとテンポよく、手短にまとめていかないと、
おそらく飽きがくる…。

そうなると、一つのテーマを5日間にいかに分散させて、
まとめていくかがポイントになります。

ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む