今日は、読者のかたからの質問にお答えします。
◆────────────────────────────◆
読 者 か ら の 質 問 New     「木を見て森を見る」?
◆────────────────────────────◆

今回は過去の質問への回答ではなく、
先日、新たにいただいた読者のかたからの質問に回答します。

<読者からの質問>—————————————-

このたび、知人からいただいた文章で
どうもよくわからない表現に出合いました。

「木を見て森を見る、ではなく、森を見て木を見る
最近、そんな意識変化の方も増えてきているように思います」

わたしは
「木を見て森を見ず」では?と思いましたが
そうなると意味が変わってきますし

そこから考えれば
言いたいことはなんとなく理解できます。

また、同じような使い方をされている方もいらっしゃる
ようですので、両方ありと認識しておけばよいのか?

よろしければ、ご意見お聞かせいただけましたら
ありがたく、お願い申し上げます。
(読者 M さん)
———————————————————-

慣用句として正しいのは「木を見て森を見ず」です。

これは、
英語のことわざ「You cannot see the wood for the trees.」
によるもので、
小さいこと(=木)に心を奪われて、
全体(=森)を見通さないことのたとえ。
細かい点に注意し過ぎて大きく全体をつかまないことを
意味します。

Mさんのお知り合いが
本来の「木を見て森を見ず」の意味を踏まえたうえで、
「木を見て森を見る」=細部を見てから、全体を見通す
「森を見て木を見る」=全体を見通してから、細部を見る
として使っているのであれば、
従来のたとえに基づく新たなたとえとして
受け止めることはできます。

しかし、本来の慣用句「木を見て森を見ず」を
「木を見て森を見る」と勘違いしたまま使っているのだとしたら
少々残念なことではあります。

私的なメールのやりとりでは、
もし、相手や自分が慣用句を勘違いしたまま使っていれば
指摘することもできますが、

仕事のメールや企画書、プレゼン資料などで
勘違いした慣用句を(堂々と)使っている場合は
その人の印象や評価に影響します(周囲もフォローしづらいです)。

したがって、慣用句を文章に使う場合は
その都度、辞書にあたり、本来の意味を確認することが重要です。
ネットで検索すると、誤用のまま文例として使われているケースも
多くあるので、まずは辞書にあたります。

先日、私自身も
「がぜん」を本来の意味である「急に、突然」ではなく、
「とても、断然」と勘違いして使っていたことを
当メールマガジンでも取り上げました。

このように言葉に対する長年の思い込みは、誰しもありうること。
だからこそ、辞書で確認し、
自分の記憶の誤りを更新することが必要、と感じています。

※参考
令和2年度「国語に関する世論調査」の結果について
https://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/kokugo_yoronchosa/pdf/93398901_01.pdf

 
ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

記事全文を読む

今週は、相手との関係を壊さない言い回し、断り編です。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法                       < 角の立たない言い回し(3)
◆─────────────────────────────────◆
相手の過剰な対応をかわすには…

今週は、相手との関係を壊すことなく
角を立てずに断る際の言い回しを紹介しています。

相手の行き過ぎた対応に困惑する
ということがあります。

過剰な接待や贈答品。
今なら、受け取る理由や心当たりがないのに
送られてくるお中元とか。

しかし「迷惑です」「受け取れません」
ときっぱり断ると角が立つという場合は

「お気持ちだけいただき(頂戴し)ます」
という言い回しを使います。

例)お気遣いいただき恐縮ですが
お気持ちだけいただくことにいたします。

お気持ちだけありがたく頂戴しますので、
今後はこのようなお気遣いはなさらないようお願いいたします。

そこまで気を遣わなくても…と
こちらが恐縮するような過剰な対応には
「次にお願いしづらくなるので」
とやんわり断る言い回しもあります。

例)次にお願いしづらくなりますので、
支払いは折半でお願いします。

次にお願いできなくなるので
お気遣いなく。

場合によっては
「ご遠慮申しあげます」と丁寧かつはっきりと
断る必要もあるでしょう。

例)このような高価なお品を頂くわけにはいきませんので
ご遠慮申し上げます。

ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

記事全文を読む

今週は、読者の方からの質問に回答します。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法           < 読者からの質問
◆─────────────────────────────────◆
「お世話様でした」

<読者からの質問>————————————————

一つ質問があります。
私はよく「お世話様でした」と言うのですが、正しい日本語でしょうか。
「お世話になりました」が正しいのでしょうか。
機会があったら教えてください。
(読者 S.Sさん)
——————————————————————

「お世話様」は、「お疲れ様」と同じ意味合いで使われるフレーズなので、
会社に出入りしている宅配業者とか、社内メールで
「いつもお世話様です」「お世話様です」といった使い方をします。

一方、客先へのメールには
「お世話になります」や「お世話になっております」
を使います。

文字通り、
「仕事でお世話になっている」ことへの感謝の意を込めた言い回し
だからです。

「いつもご愛顧いただき」「お引き立ていただき」
というフレーズもありますが
メール冒頭のあいさつとして、広く使われています。

「お世話様でした」も
客先などへは「お世話になりました」として
使い分けるとよいのではないでしょうか

バックナンバーにも関連した記事があるので
参考にしてください。

ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

★8冊目の著書「迷わず書けるメール術」発売中!

読んだら旅に出たくなる本「空飛ぶ野菜ソムリエ 世界の旅ごはん」
神垣が企画・編集を担当しました。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

       今週は、ビジネスメールに取り入れられる大和言葉をご紹介。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法        < メールで使える大和言葉(2)>
◆─────────────────────────────────◆
                         連続して何度も

 今週は、ビジネスメールでも使える
 大和言葉をご紹介しています。

 連続して何度もメールを送ったり
 一度電話を切った後、すぐに電話かけたりするようなときに使える
 大和言葉が

 「続けざま」

 です。物事が次から次へと起こる様子を指します。

 「何度もメールを送って、すみません」と書く代わりに
 「続けざまにメールを送ってしまい、すみません」
 のように使います

 「続けざま」に似た言葉としては

記事全文を読む
今週は「国語に関する世論調査」の結果について取り上げます。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法            < 気になる言葉(3)
◆─────────────────────────────────◆
「1コ上「むかつく」

今週は
文化庁の2011年度「国語に関する世論調査」の結果をもとに
言葉の使い方をおさらいしていきましょう。

ふだんの言い方についての調査では
本来の言い方とは別に略したり、くだけた表現を使ったりしている
様子を知ることができます。

・「あの人は私より1歳上だ」ということを
「あの人は私より1コ上だ」と言う

・「腹が立つ」ということを
むかつく」と言う

上記は、言ったことが「ある」と回答した人が過半数という結果に。

・「あの人は走るのがすごく速い」ということを
「あの人は走るのがすごい速い」と言う

こちらも「ある」と回答した人が5割弱。

「すごい」と「すごく」の違いについては
過去、当メールマガジンでも取り上げています。

そのほかにも次のような言い方が挙げられていました。

「あの人みたくなりたい」→「あの人みたいになりたい」
なにげにそうした」  →「なにげなくそうした」と
チョーきれいだ」   →「とてもきれいだ」
全然明るい」     →「とても明るい」
がっつり食べよう」  →「しっかり、たくさん食べよう」
真逆(まぎゃく)」  →「正反対
半端ない」      →「中途半端でない
まったりする」    →「ゆっくり、のんびりする」

左に挙げた言い方をよく聞いたり、見たりしますが
本来は右の言い方をします。

左に挙げた言葉は私もよく話し言葉や
親しい人へのメールで使ってしまうですが

仕事上のメールのやりとりや原稿では
右に挙げた言葉を使うように意識しています。

記事全文を読む
今週は「国語に関する世論調査」の結果について取り上げます。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法            < 気になる言葉(2)>
◆─────────────────────────────────◆
 「はかる」の使い分け

今週は
文化庁の2011年度「国語に関する世論調査」の結果をもとに
言葉の使い方をおさらいしていきましょう。

異字同訓(同じ読みで字が異なる)の漢字の使い分けについて
難しいと回答した人の割合が最も多かった語は……

「はかる」

でした。そこで今一度「はかる」の意味の違いを挙げておきましょう。

図る:意図する、企図する
例)合理化を図る 便宜を図る

計る:計算する、計画する
例)時間を計る 計り知れない

測る:物事の広狭・深浅・長短・遠近・高低・大小などを測定する
測量する

例)距離を測る 測定器で測る

量る:計量する、推量する
例)量り売り 推し量る

謀る:他人をだます、謀議・謀略する
例)悪事を謀る 失脚を謀る

諮る:たずね相談する
例)審議会に諮る 横綱昇進を諮る

ちなみに「はかる」以外に挙げられた4語の使い分けについて
「難しくない」と回答した人の割合は過半数を超えていました。
その4語とは…

・おさめる(収、納、修、治)

・かえる(変、換、替、代)

・かたい(堅、固、硬)

・もと(下、元、本、基)

あなたは使い分けできていますか?

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

————————————————————–
★iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】発売中!★
————————————————————–

『さらりと返せる、大人のメール表現334』 
に収録された334個の推奨文例・フレーズ全てが
メールやSMSにコピー可能に!

・文例をアレンジして保存できる

・よく使用する文章も登録できる

そんな便利なアプリケーションです。

記事全文を読む