昨日は、【絵のわ】ワークショップ
 今年最終の広島クラスでした。

 久しぶりの日曜開催だったのですが
 前日に申し込みしてくださったお一方と、
 マンツーマンでワークショップを行いました。

 3月に地元テレビ局の情報番組で
 ワークショップが紹介されたのを
 覚えていてくださったとのこと。

 うれしくありがたい限りです。

 1対1だと、描いている間の沈黙が気になり
 描くことに集中できないケースもあるのですが
(まさにわたしがそういうタイプ)

 今回の参加者は
 終始無言ですご~く集中して描いているのが伝わってきたので
 最後の1枚で「気持ち良かった」という感想が聞けたときは
 ホッとしました。

 集中のあとに、ストンと心が空白になる瞬間があるのですが
 それを体感してもらえたようです。

 ワークショップの後は
 お茶を飲みながら、おしゃべりに花が咲きました。

 話しているうちに
 ヨガ、ズンバ、太鼓など、共通の話題がポンポン飛び出し
 面白かったです。

 マンツーマンの場合は、そんな時間も楽しみです。

 ヨガが同じポーズをしても
 その日の自分の体調や心境で、
 うまくいくとき、いかないときがあるように

 【絵のわ】も毎回同じワークをして
 同じ対象を同じ人が描いても、
 生まれる絵は一つとして同じではありません。

 同じワークでも
 絵が“変わる”体験、
 敢えて自分で“変える”体験も
 楽しんでもらえるといいなぁと思っています。

 ▼昨日のワークショップ参加者の感想はこちら

記事全文を読む
 先週の土曜日、11月21日は
 広島で【絵のわ】ワークショップでした。

 参加者はお一人。

 申込時に
「この夏に仕事をリタイヤしました。
 が、家事、雑事に追われる毎日です。
 絵画鑑賞は大好きで、自分でも絵を描くことを
 楽しみの一つにしたいと思っています」
 というメッセージをいただいていたので
 お目にかかるのを楽しみにしていました。

 聞けば、呉から参加してくださり
 わたしが卒業した高校の前にある歯科医さん。

 告知のWebサイトもしっかり読んで
 わたしが呉市出身ということを知り
「縁を感じて…」申し込んでくださったそう。

 マンツーマンで、おしゃべりしながら
 絵を描いていきました。

 ワークショップの後も
「早速、描き始めました」
 とうれしい連絡。

【絵のわ】のワークショップでは
 写真のような緻密なデッサンや
 対象をそっくりに描くことは目指しません。
 そうした「描く」テクニックを教える内容でもありません。

 ワークショップはあくまで、
 描くきっかけを知る時間。

 描き方、見方を変えると
 どんな絵が「生まれるか」を実験していきます。

 だから、ワークショップに参加してから
 おうちに帰ってからも描いてみてほしいんですよね。

 描いた数だけ発見があるし、面白くなってくるはずだから。

 幾つになっても「描く」ことを諦めないでほしいし
 描けるようになる楽しさや喜びを知ってほしい
 と思いつつ、【絵のわ】のワークショップを開催しています。

 ▼今回の参加者の感想はこちら
 

 12月も開催しますので
 興味があるかたはぜひ、ご参加ください。


 ★-----------------------------★
    アート脳が目覚める
  「線で描く」ワークショップ
         【 絵 の わ 】
 ★-----------------------------★

 ▼広島クラス
 12月6日(日) 13:00~16:00
 
 ▼福山クラス
 12月12日(土) 13:00~16:00 
 
記事全文を読む

日 時   2020年11月22日(土) 13:00~16:00

場 所   神垣あゆみ企画室

参加者の感想

絵を描きたいと思う気持ちがあって、絵の教室に通おうか、と思ったりしました。でも、とにかく紙に描き始めることが一番と思い始めた時、この講習会を知り、参加しました。
とても楽しかったです。家ですぐにいろいろ描いてみます。
自分で絵心がないいっている主人にはぜひ、先生のクラスを体験してもらいたいです。

記事全文を読む

日 時   2020年7月4日(土) 13:00~16:00

場 所   松浦デザイン事務所

参加者の感想

絵を描くのも、美術の授業も好きではありませんでした。
楽しく描けたらいいなーと思っていたことが、今日、かにました。
家でも描き続けようと思います。
すごく楽しくて、気持ち良くて、ごきげんな時間でした。

左脳中心で描いていた自分が変わったのが実感できた。
感性豊かになっていくための一歩として、今日はとても充実した3時間となった。ありがとうございました。

普段から右脳、右脳と言われており、やはり、自分は右脳だし、これで良いのだ、と思っていますので、自信をもって右脳全力で過ごします! 描く方法も色々と教えてもらい、これからのチャレンジどんどんしてみます。

すごく楽しくできました。いろいろこだわらずに、見たままで描くのが難しいことを実感すると同時に、制約によって、かえって解放された感覚になることを感じました。

今回、参加をとても悩みましたが、参加して良かったと思います。次回も友人を誘って、お勉強しに(遊びに…)来たいと思います。楽しい時間をありがとうございました。

苦手なことでしたが、楽しく深く考えずに描けました。
描けるときは、少しずつ描いておこうかな。
快画、家でもやってみます。

記事全文を読む
「絵なんて描けない」「絵が下手」は思い込みに過ぎません。  
苦手意識を取り払って、無心に「描く」気持ちよさ  
体験しに来てください

<これから開催するワークショップ>
 ▼広島クラス  6月20日(日) 13:00~16:00

 ▼福山クラス   7月24日(土) 13:00~16:00    

<これまで開催したワークショップ>
▼広島クラス  
2020年12月6日(日) 13:00~16:00
 参加者の感想はこちら

▼福山クラス  
2020年7月4日(土) 13:00~16:00
参加者の感想はこちら

 ▼岡山クラス 
 2020年2月23日(日) 13:00~16:00  
  参加者の感想はこちら 

 ▼神戸クラス 
 2020年3月8日(日)13:30~16:30 
 参加者の感想はこちら 

 

記事全文を読む

 先週土曜日、3月21日は
 久しぶりの広島での「快画塾」でした。

 これまで、広島では何度もワークショップを開催してきましたが
 今回が一番にぎやかだったかも。

 絵を描いている経験のある参加者の語りが、長い。
 でも、それだけ思いがあふれているのだなぁ、とも感じました。

 いざ、絵を描き始めると
 集中してし~ん、となるかと思いきや、語り止まらず。
 そのうち、今度は自分の描く絵に笑い出し、止まらなくなる参加者も。

 描いて集中、しゃべって発散を繰り返し
 感情が閉じたり開いたりで、忙しい。

 少人数ながら、女性ばかりだったせいか
 なんともにぎやかで笑いの絶えないワークショップでした。

 ▼「快画塾」広島クラス 参加者の感想はこちら
 

 ワークショップの内容自体は、 毎回、 同じことをしているのですが
 参加者が変わるたび、反応も様々。

 今回は、わたしの意をくむかのように
 「描き方」「見方」の変化を言葉にしてくれる参加者がいて
 「今、言おうと思ったのに~」ということが何度となくあり
 愉快でした。

 絵を描くのに正解はありません。
 正解を決めるのは、自分自身。

 その醍醐味を知るきっかけになればいいなぁ
 と毎回、ワークショップを開催しています。

 ぜひ、体験しにきてください。

 次回は4月。福山と大阪で開催します。

 ▼福山クラス  
 4月11日(土) 13:30~16:30
 

 ▼大阪クラス  
 4月26日(日) 13:30~16:30

<メディア掲載情報>
 RCC中国放送の情報番組「イマナマ!」
 16時台の「ふちっとクリック 情報コーシン」コーナーで
 「快画塾」ワークショップの様子が紹介されました。
 題して 「苦手が得意に絵画教室」。
 

記事全文を読む