今週は、気になるメールの敬語の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 ‎Begin の メ ー ル 作 法          < 気になる敬語(3)
◆─────────────────────────────────◆
                     「ご協力していただきたく」

今週は、気になる敬語の使い方について
例を挙げて取りあげています。

————————————
ユーザー登録をしてくださった皆様に
アンケートにご協力していただきたく、
メールを送信させていただきました。
————————————

上記の文例は1行ごとに敬語が使われていますが、
少し整えた方がよさそうです。

2行目の「ご協力していただきたく」は
謙譲語「ご~いただく」を使った「ご協力いただきたく」か、
謙譲語「~ていただく」を使った「協力していただきたく」のいずれか
とします。
この「ご協力いただきたく」と「協力していただきたく」
を混同した誤りが「ご協力していただきたく」です。

3行目の「送信させていただきました」は
「する」の謙譲語「いたす」を用い、「送信いたしました」。
または謙譲語「お~する」を用い、「お送りしています」
とします。

したがって、下記のように書き換えます。
——————————–
ユーザー登録をしてくださった皆様に
アンケートにご協力いただきたく、
メールを送信いたしました。
——————————-
——————————–
ユーザー登録をしてくださった皆様に
アンケートに協力していただきたく、
メールをお送りしています。
——————————–

無駄な言い回しを整理すると、
文字数は減ります。

敬語風な言い回しを余分に付け加えるよりも
的確な敬語で、すっきりまとめることを
心がけましょう。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

広島 蔦屋書店でも絶賛発売中!
『きもので酒さんぽ』

検索して、このブログへたどり着いたあなたへ

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

今週は、気になる敬語の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
  仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法            < 気になる敬語(3)
◆─────────────────────────────────◆
                      社外の相手に伝えるとき

今週は、気になる敬語の使い方について
例を挙げて取りあげています。

昨日、取り上げた文例と関連しますが……
客先に対して、自社の上司から用件を聞いたと伝える場合

佐藤部長からうかがっております

とするのは間違いです。

「うかがう」は「聞く」の謙譲語ですから、
社内の連絡として、自分の上司である佐藤部長を高める場合は
「先日、佐藤部長からうかがいました」
とすればよいのですが
ここでは、敬意を示すべきは、客先の相手ですから

部長の佐藤から聞いております

とするのが適切な表現です。

同様に、客先からの資料を上司を通じて受け取った
というときも

高橋課長から資料をいただいております

とするのはNG。
社内で、上司から資料を受け取ったと伝える場合は
上記でよいのですが

客先に対して、上司の課長から資料を受け取った旨を伝える場合は

課長の高橋から資料を受け取りました

とします。

社外の相手よりも、自社の上司に対して敬語を使ってしまう
敬語の捉え違いがないように気をつけましょう。

 
ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

記事全文を読む
今週は、敬語の誤った用法についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 ‎Begin の メ ー ル 作 法          < 敬語レッスン(2)
◆─────────────────────────────────◆
書き換え「されてみてください

今週は、気になる敬語の使い方をチェックしていきましょう。

——————————————————–
興味がおありはぜひ一度、ご利用されてみてください
——————————————————–

この一文で気になるポイントは2つ。
「ご興味がおありの方」は相手を立てる尊敬語を使いすぎる点と
「ご利用されてみてください」の言い回しです。

「ご興味がおありの方」の元の文は
「興味がある人」です。

相手に敬意を示すときに使う尊敬語ですが
この場合は、相手が抱く「興味」にまで
尊敬の「ご」を付ける必要はないと考えます。

「興味」を受ける動詞「ある」を、尊敬の「おあり」として
「興味がおありの方は」とするか

「人」の丁寧語として「方」を使っているので
あっさりと「興味がある方は」としても差し支えないでしょう。

問題は、文後半の「利用されてみてください」の言い回しです。

「利用する」の尊敬語は「ご利用になる」ですが
ここでは、「~してみてください」と
相手に行動を促す表現になっているので
「ご利用になってみてください」
とすると、スッキリします。

——————————————————–
興味がある方はぜひ一度、ご利用になってみてください
——————————————————–

このように、一文を締める最後の動詞に
敬語が使われていれば、十分敬意は伝わります。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

検索して、このブログへたどり着いたあなたへ

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

今週は、基本的な敬語についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法         < 基本の敬語(3)
◆─────────────────────────────────◆
 「行く」の敬語

今週は、よく使われる敬語表現について、基本を押さえていきましょう。
今回は「行く」の敬語についてです。

「行く」の尊敬語には。
「行かれる」「いらっしゃる」のほかに
「おいでになる」「お越しになる」があります。

敬意の度合いは
「行かれる」<「いらっしゃる」「おいでになる」「お越しになる」
となります。

例)海外へはよく行かれるのですか?

東京本社へはどのくらいの頻度でいらっしゃるのですか?

お客様がおいでになる前に準備をお願いします。

広島へはよくお越しになるのですか?

では、「行く」の謙譲語は?
「うかがう」「参る」ですね。

例)明日、御社へうかがうことになっています。

9時に新幹線口にお迎えに参ります

▼ 「行ってください」⇒「うかがってください」ではない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ここで気をつけたいのが
目上の相手に「行ってください」と伝える場合。

うっかり謙譲語の
「うかがってください」を使いそうになりますが

「行く」行為の主語は相手ですから
自分を主語にした謙譲語「うかがう」を使うのはNGです。

この場合は「お越しください」が適切。

例)会場へは駅からタクシーでお越しください

ほかに「タクシーでいらしてください」のように
「いらしてください」という言い回しもあります。

ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

記事全文を読む

今週は、基本的な敬語についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法         < 基本の敬語(2)
◆─────────────────────────────────◆
 「見る」の敬語

今週は、よく使われる敬語表現について、基本を押さえていきましょう。
今回は「見る」の敬語についてです。

「見る」の尊敬語も2通りあります。
「見られる」と「ご覧になる」です。

どちらも目上の人が「見る」という行為の尊敬語ですが、
敬意の度合いは
「ご覧になる」>「見られる」

昨日ご紹介した「言う」が「おっしゃる」>「言われる」のパターンと同様に、

「ご覧になる」の方が「見られる」より敬意を込めた表現に
なります。

例)専務がすでにご覧になっていました

今朝のニュースを見られましたか?

ただ「資料を見られましたか?」と書くと
「見る」の尊敬語「見られる」のつもりで使っているのに
「誰かに見られる(覗かれる)」という意味合いにとられることもあります。

そのような誤解を避けるためにも
「ご覧になる」を使う方が無難かもしれません。

▼ 主語は誰かで、尊敬語か謙譲語かを判断
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「見る」の謙譲語は「拝見する」です。

例)ご送付いただいた資料を拝見しました

気をつけなければならないのは
謙譲語である「拝見する」を尊敬語と取り違えて使ってしまうことです。
例えば…

例)部長からのメールを拝見されましたか

上記の例文は、主語は「あなた(相手)」なので
尊敬語「ご覧になりましたか?」を使うのが適切です。
「拝見する」は謙譲語なので、主語が自分の時に使います。

例)部長からのメールを拝見しました

では、次の例文はどうでしょうか?

例)プレゼン用の資料を拝見なさってください

これも、謙譲語「拝見する」を尊敬語と取り違えていますね。
主語は相手ですから、正しくは…

例)プレゼン用の資料をご覧(になって)ください

です。

 
ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

9月に浜松でビジネスメール講座をします!

——————————————————-
 【 仕事で差がつくビジネスメールの書き方講座 】
——————————————————-

「今、自分が書くメールに自信がない」
「こんな時、どのようにメールを書いたらいいの?」
「メールで失敗しないためには何に気をつけたらいい?」

そんな疑問や悩みをお持ちのかたは
ぜひ、この機会にご参加ください!

記事全文を読む

今週は、敬語の誤った使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法               < 変な敬語
◆─────────────────────────────────◆
                          過剰な「お」「ご」

「ご不明な点などございましたら、お気兼ねなくお問い合わせください」

丁寧な表現を意識するあまり、
上記の「お気兼ねなくお問い合わせ」と「お」を続けて
使ってしまうことがあります。

似たような例としては
「お体にお気をつけて、お過ごしください」
「ご丁寧なご返信をいただき、ありがとうございます」
があります。

このように「お」や「ご」が続く場合は
一文を結ぶ動詞に「お」「ご」を付け
それにかかる言葉の「お」「ご」を省くようにすると
文がすっきりします。

冒頭に挙げた文例の場合は……

「不明な点などございましたら、気兼ねなくお問い合わせください」

「ご不明な点」の「ご」を取り、「不明な点などございましたら」
「お気兼ねなく」の「お」を取り、「気兼ねなくお問い合わせください」
とし、すっきりしました。

その他の文例も
「お体に気をつけて、お過ごしください」
「丁寧なご返信をいただき、ありがとうございます」
 
動詞には「お過ごしください」「ご返信をいただき」と「お」「ご」を付け
それにかかる「お気をつけて」の「お」、「ご丁寧な」の「ご」を取ると
すっきりします。

「お体に気をつけて、お過ごしください」は、同じ意味の
「ご自愛ください」に書き換えることもできます。

 
ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

記事全文を読む