今週は、手紙とメールの様式の違いについてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法       < 手紙とメールの違い(2)>
◆─────────────────────────────────◆
                            時候の挨拶

 今週は、改めて
 手紙とメールの様式の違いを
 取り上げています。


 手紙にあって、メールにないものとして
 「時候の挨拶」
 が挙げられます。

 頭語の後に、
 その時々の季節に触れるひと言を添えますが

 ビジネス文書では
 「~の侯」という定型句を用いることが多いです。

 10月中旬の今の季節なら
 「秋冷の候」

 10月初旬であれば
 「初秋の候」

 10月全般に用いられるのが
 「紅葉の侯」
 です。

 ビジネス文書では、これらの時候の挨拶を添えて
 「秋冷の候 貴社におかれましてはますますご清栄のことと 
  喜び申しあげます」
 といった一文で始めるのが一般的です。

 しかし、こうした
 時候の挨拶を使わない場合もあります。

 お詫びやお見舞いの気持ちを伝える
 手紙やはがき、ビジネス文書では
 時候の挨拶は省き、本題から入ります。

 ビジネスメールでも
 基本的に時候の挨拶は書かずに
 用件を伝えます。



◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

 「楽天kobo」でもお読みいただけます!


 「こんな時、どう書いたらいい?」と迷ったら……
 -----------------------------------------
 ★『メールは1分で返しなさい』楽天kobo版★
 -----------------------------------------
      
 書籍よりお得な1080円!

 ぜひ、ご利用ください。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


11年前から配信中! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン
【 仕事美人のメール作法 】

オンラインでできるビジネスメールの研修
【 仕事美人のメール研修 】

楽天kobo版の電子書籍が出ました!
メールは1分で返しなさい!【電子書籍】[ 楽天kobo版 ]

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

カミガキのフェイスブック

カミガキのツイッター

仕事実績、著書、お問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室
記事全文を読む

今週は、うっかり誤って使いやすい表現についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法  < 間違いやすい表現
◆─────────────────────────────────◆
新年明けまして

新年明けましておめでとうございます」

年賀状や新年のあいさつメールでよく目にするこのフレーズ。
実は、意味が重なった「重言」です。

年が明けて、新年が訪れるので
「新年」と「明けまして」は意味としては同じ。
そのため

新年おめでとうございます」
明けましておめでとうございます」

と「新年」と「明けまして」は別々に
「おめでとうございます」に添えます。

年明けの表現に関連した重言をもう一つ。

元旦の朝

これも「元旦」が「元日の朝」を意味するので
「朝」を添えると重言になります。

元旦
「元日の朝

とするのが正しい使い方です。

「元日の夜」
とは書きますが
元旦
と書くと意味が矛盾するので注意しましょう。

今週は、このように
うっかり間違いやすい表現や言葉について
紹介していきます。

記事全文を読む

今週は、気をつけたい言い回しについてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法  < 言葉づかい注意報
◆─────────────────────────────────◆
 「新年明けまして」

何度か、当メールマガジンでも紹介してきたのですが
新年を迎えたこの時期、よく目にする言いまわしなので
とりあげたいと思います。

その言い回しとは……

新年明けましておめでとうございます

「明ける」とは「旧年から新年になる」という意のため、
「明けまして」だけでよく
前に「新年」が来ると意味が重なることになります。

「新年明けまして…」と一つのフレーズとして使ってしまいがちですが

新年おめでとうございます
あるいは
明けましておめでとうございます
が適切な使い方です。

正月の新聞の全面広告にも
「新年明けましておめでとうございます」
と使われていて、ちょっと驚きました。

語呂やノリで、なんとなく使い良いから
という言い回しは、ほかにも少なからずあります。

ですから、そういった「使いやす言い回し」が
主流になっていくのは仕方のないことなのかもしれませんが
折に触れ、本来の言葉の意味を知ることは必要だと思います。

記事全文を読む

今週は、新年度にありがちなメールの文例をご紹介します。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法  < 新年度向けメール(5)
◆─────────────────────────────────◆
支店・営業所開設の通知

今週は、新年度ならではのやりとりに使われるメール文を
ご紹介してきました。

支店や営業の新設に伴う「開設のお知らせ」の文例です。

——————————————————-
○○株式会社
佐藤一郎様

いつもお世話になっております。

九州地区での需要の高まりに対応するため
2012年4月6日に下記の住所に
福岡営業所を設立することになりました。

営業所長は、高橋太郎です。
本部で九州エリアを長年、担当しておりました。

これまで以上に充実した体制で、九州地区をカバーしてまいります。
今後とも、どうぞよろしくお願い申しあげます。

新住所:〒812-XXXX
福岡市博多区○○1-2 ABCビル340
電話番号 092-230-XXXX
FAX番号  092-230-XXXX

——————————————————-

国内に限らず、海外に拠点を構える場合も
同様の内容になります。

「いつ」
「どこに」
「だれが」
「なにを」
を押さえた案内を送りましょう。

ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む

今週は、メールについての雑感です。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 の メ ー ル 作 法              < メール徒然(3)
◆─────────────────────────────────◆
                          年末に届くメール

毎年、年末になると仕事の関係者にBCCで、近況と一年の感謝のメールを
送ってくださるかたがいます。

某新聞社の広告局の男性なのですが、お付き合いが始まってから、直接、
仕事でかかわらなかった年にも律儀にメールを送信してくださいます。

しかも、長々とではなく、画面をスクロールせずに読み切れる、ほど良い
文字量でまとめられているのです。

一年間、力を注いだこと、苦労したことなどがさらっと書かれ、最後に、
関係各位への感謝の言葉が必ず添えられています。

最初にメールをいただいた年から、「感じいいな~」と思い、そのかた
からのメールは消さずに保存しています。

部署が異動になったり、体調を崩されたりという年もありましたが、受
信するたび「あ、今年も!」と少しうれしくなります。

▼ 心遣いはメールでも伝えられる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
手書きの一筆箋やはがきが見直されてきていますが、メールでも、こう
して心に残るメッセージを送ることができ、それがその人のスタイルに
なっているケースもあります。

メールは伝達手段の一つであり、ますます短く、無駄なく、必要なこと
だけを伝えることが求められ、それが定着しつつある昨今。

心ないメールで相手を不愉快にすることもある一方で、紙に手書きでな
くても一通の久しぶりのメールが人間関係を円滑にすることもあります。

相手の気持ちをほんの少しあたためたり、笑顔にするメールが書けるよ
うになりたいなと思います。

 
ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

「日経ビジネスアソシエ」2011年1月4日号
「即効! スキルアップ講座」の連載、3回目です。

今回のメール作法のテーマは・・・
「断っても好印象を残す表現法とは」です。

ぜひ、ご一読ください!

2011年 To Doリスト&絶対にしないことリスト
「日経ビジネス Associe 」2011年 1/4号

記事全文を読む

今週は、読者のかたからの質問にお答えします
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 の メ ー ル 作 法            < 読者からの質問(3)
◆─────────────────────────────────◆
                           末尾の「以上」

<読者からの質問>————————————————

末尾に下記一文を入れることについて、
個人的に少し“きつい”イメージがあり、控えがちです。

「以上、宜しくお願い致します。」や、
「以上。」

使用した方が、返信が重なったときなど
読みやすいとは思うのですが、

取引先に対して送る際など、失礼にはならないか
気になっていました
(頂くメールではしばしば見受けられるんですよね)。

神垣さんはどのようにお考えでしょうか?
ご教示頂ければ幸いです。

※因みに社内メールに関しては多用しています。
(読者 S.Fさん)
——————————————————————

「以上」には、文書や目録などの末尾に記して
「終わり」表す意味あいがあります。

メールで「以上」を使うのも
「用件はここまで」というのを明確にし、
確認する意味が込められていると思われます。

おそらく、社内メールで使われるのが主流だったものが
次第に対外的なメールでも使われるようになったのではないか
と推察します。

ただ、ビジネスメールで社外の相手に対して
文末が「以上」だけで終わってしまうのは
少々、そっけいない気がします。

相手とのやり取りの頻度や親密度にもよりますが
対外的なメールの文末を「以上」だけで終わらせるのは
抵抗があるので、私は言葉を添えるようにしています。

例えば、用件を書いたあと

「○○については以上です。
ご対応のほど、よろしくお願いいたします。」

という感じです。

「以上」で確認した用件について、相手にどうしてほしいのか
(確認とか対応)を述べて文章を結ぶようにすると
丁寧な印象を与えるのではないでしょうか。

ビジネスメールを書くときに役立つ最新の記事が無料で読めます。

メルマガ詳細

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら

「仕事のメールの基本を知りたい、でも、誰も教えてくれない。今さら聞けない」という人のためのメールマガジン。
毎週金曜日 配信!
【仕事のメール心得帖】有料版
 登録はこちらから

このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

夏休み、お子さんと一緒にご覧いただきたい映画です。

「The A-bomb ヒロシマで何が起こったか」

原爆について詳しく知らないかた、関心を持ち始めたかたたちに
「原爆とは何か」をわかりやすく説明する
入門編的な教育映画です。

上記のWebサイト上で動画がご覧になれます。

 

記事全文を読む