今週は、入力するとき間違いやすい同音異義語についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法 < 言葉の使い分け(4)
◆─────────────────────────────────◆
                      「持って」と「もって」

 今週は、入力するとき間違いやすい
 同音異義語の使い分けについて紹介しています。

 「モッテ」
 にも2つの表記があります。

 「持って」は、動詞「持つ」の連用形の音便が変化したもの。
 手につかむこと以外に、所有する意味でも使います。

  例)手に持って、ペンを持って
    土地を持っている。

 生まれつきの、という意味で「持って生まれた」や
 遠回しな言い方をすることを「持って回った言い方」のように
 使ったりもします。

 一方で、もとは「以て」と書き、
 「~によって」「~の理由で」という意味でも使います。

  例)書面をもって申し入れる。
    誠意をもって交渉にあたる。
  
 このように使う場合は、
 新聞表記では平仮名の「もって」で統一されています。

 ほかにも
 「彼の実力をもってしてもかなわない相手」の「もってしても」、
 とんでもないことという意味の「もっての外(ほか)」といった
 慣用句も「以て」に由来し
 表記するときは「もって」と平仮名表記をします。

 文字変換で「持って」と混同しやすいので
 注意が必要です。

2005年創刊! ビジネスメールを書くときに役立つ無料メールマガジン配信中!
「まぐまぐ大賞 2016」キャリアアップ部門で2位に入賞しました!

「書く」と「描く」はどこかでつながっている「わたしの快画体験」

広島の酒蔵取材を担当しました!「きもので酒さんぽ」絶賛発売中!

社内のビジネスメール教育にお役立てください!【 仕事美人のメール研修 】

2015年に編集協力した単行本「一目置かれる大和言葉の言いまわし」が文庫化

iPhone/iPad向けアプリ【 ビジネスメール文例辞典 】

THEプロフェッショナル広島

取材、ライティング、編集のお問い合わせは・・・
神垣あゆみ企画室

ICCT[rX dl̃[C@\ݎ󂯕t@VЈA[̏}i[ȊwKŊwׂICCT[rX