今週は、気をつけたい敬語表現についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法            < 敬語レッスン(4)
◆─────────────────────────────────◆
更新させていただく

今週は、おかしな使い方をしている敬語の文例を挙げつつ、
正しい敬語表現について紹介しています。

「ブログを更新させていただきました

ブログを更新する際に添えられていた一文です。

ブログを運営する本人は
「このブログの記事が更新できるのも
読んでくれている、あなたたのおかげです」
という気持ちを込め、謙虚に
「~させていただく」
を使っているのだと思われます。

「~させていただく」は
・相手や第三者の許可を得て、自分が何かする
・相手や第三者のおかげで、自分が何かできる
ことに感謝の意を込めて使う「謙譲語」です。

しかし、上記の文例のケースでは
ブログを開設し、日々更新しているのは
その人自身。

確かに読む人がいなければ、ブログを更新する意味も見いだせないし
モチベーションも上がりませんが

あくまで、ブログを更新し、運営している主体は自分なのですから
「更新させていただく」
とまでへりくだる必要はないと考えます。

「ブログを更新しました

として、何ら問題はなく
「~させていただく」が使われていないからと言って
「謙虚さが足りない」と咎める人はいません。

同様に

「下記の場所へ移転させていただきます

という表現も、移転する主体は自社(自分)であり
誰かの要請や、資金を出してもらって移転するわけではないので

「下記の場所へ移転いたします

として、表現として問題はありません。

「おかげさまで」という気持ちを持つことは大切ですが
その感謝の念が
「~させていただく」という表現で代弁されるわけではありません。

相手の許可や恩恵を得て行っているわけではない行為にまで
「~させていただく」を使うのは
「どうです? 私はこんなに謙虚なんですよ」
という押し売りになりかねないことも気に留めておきましょう。

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

日頃、メールのやり取りで疑問に思っていることや
誰にも聞けず悩んでいることを質問できる
サロン形式の相談会です。

★————————————————–★
 「仕事美人のメール作法」番外編
————————————————–
 【 メール駆け込み相談会 】
★————————————————–★

日 時  4月15日(火) 18:30~20:30

会 場  たのけんレンタルフロア

参加費  2000円(税込)
※ 3回連続参加の場合は、参加費 5000円(税込)

★————————————————–★

▼お申し込み方法は…こちらで参加表明を


人気ブログランキングへ

記事全文を読む