今週は、ビジネスメールに使える大和言葉を紹介します。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法                        < 大和言葉の活用
◆─────────────────────────────────◆
                           「心ならずも」

人からの頼み事や誘いに応えたいけれども
事情があって、どうしても断らなければならない。

そんなときに用いるとよい大和言葉が
「心ならずも」
です。

例)せっかくお声掛けいただいたのですが、
心ならずもお断りした次第です。

相手の期待に応えられなかったときや
自分の思いに反して相手に迷惑をかけてしまったときに
「心ならずも」
のひと言を添えると
残念な気持ちを伝えることができます。

意味を同じくする言葉としては
「やむを得ず」
「やむなく」
があります。

似た言葉に
「図らずも」
がありますが、これは
思いがけず、あるいは意図せず
好結果がもたらされたようなときに用います。

例)図らずもその日にお目にかかることができました。

今週はこのように、
ビジネスメールにも使える
大和言葉の言い回しを紹介します。

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】