今週は、間違いやすい敬語の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 の メ ー ル 作 法  < 敬語レッスン
◆─────────────────────────────────◆
「の方はよろしかったでしょうか」

敬語のようで敬語でない…
そんな「なんちゃって敬語」を取り上げ
正しい使い方を解説します。

▼NGな文例
「メールの方はよろしかったでしょうか?」

上記の文例は
相手に送ったメールについて「この内容でいいですか?」と確認する
文面です。

敬語を使い、丁寧に表現されているようで
意図がはっきりせず、誤解されやすい表現になっています。

では、どのように書き換えたらよいでしょう。

メールの内容について確認する場合
「~の方(ほう)」というあいまいな表現は避け
「○○のついてのメール」と、何について確認したいのかを明らかにします。

「よろしかったでしょうか」もあいまいで意味がとりにくいので
「ご確認いただけましたか?」
「何か問題はごぜいませんか?」
と自分が何を知りたいのかをはっきり書く方が誤解がありません。

▼GOODな文例
○○についてのメールはご確認いただけましたか?

先ほどお送りした○○の件ですが、何か問題はございませんか?

「メールの方はよろしかったでしょうか?」という文面は
相手に「メールを送信しなくていいですか?」と尋ねている意味にも
とれます。

このように、なんとなく丁寧に表現しているけれど
意味や意図があいまいで、何をどうしたいのかが
わかりにく文になってしまうと
敬語が本来の意味をなさず、単なる飾りや形式になってしまいます。

会話や話し言葉を通じて
「耳」から入ってきた敬語を
そのまま書き言葉に流用するのではなく

敬語として正しいかどうかを
確認してみることも大切です。

ビジネスメールを書くときのコツを7000人以上が愛読。
2005年から配信してい る無料メールマガジン
【仕事のメール心得帖】登録はこちらから

最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

◆─────────────────────────────────◆
【しごび】 か ら お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

いよいよ今週、金曜の開催です♪

☆————————————————–☆
第13回 【sigobi トーク・カフェ】
————————————–
木工作家 竹部 徳真 さん
☆————————————————–☆

「大自然を生活の一部に」を理念に
山口を拠点に、作家活動を展開中の
若きアーティスト竹部さんに、これまでのこと
これからのことを思う存分語っていただく2時間です!