今週は、メール関連の検索機能の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法     < 検索機能の使い方(2)
◆─────────────────────────────────◆
                          Gmailの検索

 検索といえば、Google。Googleのメール機能といえば、Gmailですね。
 昨日ご紹介したメールソフトの検索機能の要領で、
 Gmailで受信したメールも検索できます。

 Gmailの場合は、いちいち条件設定しなくても、
 画面上部にある空欄に探し出したいメールの手がかりを入力し、
 「メールを検索」ボタンを押すだけで検索できます。

 「請求書」という単語でも、ドメイン名でも、送信者の名前でも、
 探し出したいメールに含まれるであろう文字を空欄に入力すれば、
 所定のメールが一覧表示されます。

 Gmailの検索で対象になるのは、Gmail内の全てのメール。
 受信したメール、送信したメールはもちろん、
 「下書き」フォルダ内のメールも検索されます。
 ただし、「迷惑メール」や「ごみ箱」内のメールは検索されません。

 「迷惑メール」や「ごみ箱」も含めたすべてのメールを検索したい場合は、
 「in:anywhere」を頭につけて、手がかりになるキーワードを入力して
 検索します。

 検索対象を、特定のフォルダ内に絞り込みたいときは
 「検索オプション」を開き、「検索」のメニューにある項目から指定すれば、
 そのフォルダ内だけの検索ができます
 (このときも「迷惑メール」や「ごみ箱」内のメールは検索できません)。

 どこに整理したかわからなくなっている過去のメールも、
 上記の方法で簡単に検索できるのがGmailのの便利な点です。

 ▼参考:
 Gmail 検索について

◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】 の お す す め
◆─────────────────────────────────◆

 ビジネスメールでの心配り、できていますか?

仕事で差がつくできるメール術 (青春新書INTELLIGENCE 167)
仕事で差がつくできるメール術 (青春新書INTELLIGENCE 167)

記事全文を読む