今週は、相手に確実にメールを読んでもらう工夫についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法      < 読んでもらう工夫(5)
◆─────────────────────────────────◆
                       件名に差をつけるには…

 ある技術系のポータルサイトが
 登録会員向けに配信するメールマガジンでは
 件名に「セミナー」と書かれていると、
 読者からの反応が著しく低下すると聞きました。

 日時や場所まで入れてしまうと、さらにクリック率が低下し、
 サイトへの誘導も芳しくないということでした。

 確かに私自身も、定期的に読んでいるメルマガタイトルに
 「PR]「セミナー」の文字を見つけると、
 即座に消去してしまうことが多いです。

 件名の文字量も少なすぎると反応が悪く、
 文字量が多くても専門用語が並んでいたり、具体的にイメージできないと、
 やはり反応はよくないそうです。

 最近、私も「感謝」と件名に書かれた相互広告の依頼メールを
 受け取りましたが、迷惑メールと思い、削除しそうになりました。
 通常のメールでも「お礼」「お詫び」という件名は、
 迷惑メールと間違われやすいです。

 名刺交換した相手から後日、
 「山田太郎です」と件名にフルネームを入れたメールをもらう
 ことがありますが、このような場合は苗字だけより
 相手を認識しやすいです。

 ▼ まとめる能力、抽出する能力
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 相手に確実にメールを読んでもらうには、
 送信のタイミングもポイントの一つですが、
 やはり件名に左右されることは見逃せません。

 上記に挙げたのは、メルマガの例ですが、
 通常のビジネスメールにも当てはまる留意点です。

 同じ件名でやりとりを続けている場合も、
 内容に注意して読んでほしい内容が含まれるとき合は、
 件名を変えて送信することもときには必要。

 相手が関心を持つ件名を、
 その都度意識して考え、工夫していくことが
 読ませるメールの第一歩です。
 
 キャッチコピーを作る、要点をまとめる
 ことを日ごろから意識して続けるだけでも
 件名の書き方に差が出てきます。

記事全文を読む