今週は、相手によっては失礼になる言葉の使い方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
仕 事 ‎Begin の メ ー ル 作 法               < 気になる言葉
◆─────────────────────────────────◆
                   「助かります」「助かりました」

女性読者のかたから、次のようなメールをいただきました。

<読者のかたからのメール>—————————————-

私は在宅勤務でたくさんのメンバーと仕事をするので、
1日に100通くらいのメールを書いています。

メンバーは年代も住む地域も違い、本当にいろいろな人がいます。
その中でどうしても気になる言葉があります。

「助かります」「助かりました」です。

この言葉、目上が目下にねぎらいと感謝をこめて
言うものだと思うのですが、
新人のトレーニング中で、ちょっとした注意などすると
「教えていただいて助かりました!」などと
返事が来るのです。

どうしても、どうしても、引っかかるのです。

私なら「教えていただいて、感謝しています」とか
「教えてくださったことをしっかりと身につけたいと思います」
といった感じで返すと思うのですが…。

私の感覚が古いのでしょうか。
それとも私が細かいのでしょうか。

お時間のあるときにでも、ご教示いただければ幸いです。

読者 Y.Mさん
—————————————————————–

私は今まで、相手が目上、目下であることを特に意識せず
この「助かります」「助かりました」を使っていたので
Y.Mさんからメールをいただいて、どきりとしました。

うっかり使っていたけれど、場合によっては
相手に失礼な書き方をしていたかもしれません。

今週は、「助かります」「助かりました」のように
相手によっては失礼に当たる言葉について考察していきたいと思います。

7冊目の著書「仕事で差がつく言葉の選び方」刊行。
ビジネスに使える大和言葉を紹介しています。

検索して、このブログへたどり着いたあなたへ

ビジネスメールを書くときに役立つ
最新の記事が無料で読めます。

平日日刊で無料配信。登録はこちらから
最新刊! 8冊目の神垣あゆみの
著書『迷わず書けるメール術』

その他の著書はこちら
このブログの記事を書いています。
【神垣あゆみ企画室】
記事全文を読む